トップページ | 2004年8月 »

2004.07.31

「草野心平詩抄」を読む,その2

蛙詩以外の作品についても見てみましょう.
草野心平詩抄」で初めて読んだ作品や,その良さを再発見した作品は
実はむしろ蛙詩以外のもののほうが多いです.

■ドストエフスキー
場末の居酒屋の描写が活き活きとしています.
そこにフラリとドストエフスキーがやってくる.
この登場シーンは,さり気なく,かつ鮮やかです.

■大白道
15年戦争当時の作品,発禁処分となったことで知られています.
私は初めて読んだのですが非常に感動しました.
しかし,その感動には,ナショナリズム感情が紛れこんでいるような気もして
ちょっと後ろめたいような,後味の悪さを覚えたのも事実です.

■百姓といふ言葉
まずのっけから,第1連の5行に圧倒されます.

 百姓といふ言葉はよい言葉だ。
 ひとりで百の姓をもつ。
 その豪儀。
 その個と。
 連帯。

そして第3連.
「茄子。/胡瓜。/南瓜。/糸瓜。」に始まる42行の野菜の列挙.
これが読んでいて実に楽しく豊かさを感じさせます.
言葉の音,喚起するイメージやコノテーション,文字の姿
そういった様々な要素の組合せが,こうした効果を生んでいるのでしょう.

ところで,しつこいようですが,現代詩文庫の「草野心平詩集」はこちらから購入できます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.27

「草野心平詩抄」を読む

『現代詩手帖』6月号「生誕101年草野心平新発見」には
粟津則雄・池井昌樹・城戸朱理の3氏の編集による
「草野心平詩抄」が掲載されていました.
収録作品は以下の12篇です.

秋の夜の会話
ヤマカガシの腹のなかから仲間に告げるゲリゲの言葉
久板卯之助ノ死
ドストエフスキー

序詞
大白道
わが抒情詩
誕生祭
ごびらっふの独白
百姓といふ言葉
生きたい・生きる

私は「秋の夜の…」や「ヤマカガシの…」等のいわゆる蛙詩が好きです.
ところで,蛙詩,というと,どうも,すぐに
小さな生命への愛と共感に満ちた暖かい視線が云々……
といった話になりがちですが
そういう話は中学校の教科書におまかせしておきましょう.

例えば「秋の夜の会話」.
初期の傑作『第百階級』に収録されたこの小品は
「さむいね。/ああさむいね。/虫がないてるね。/ああ虫がないてるね。」
で始まるわずか14行1連で草野独自の蛙世界を構築し得ています.
これはア行音による頭韻や全行「ね」で終わる大胆な脚韻といった
音韻の効果によるところが大きいと思われます.

例えば「ヤマカガシの腹のなかから仲間に告げるゲリゲの言葉」.
この作品の場合は言葉の勢いとスピード感,その持続が鍵.
途中で息切れしたりモタついたりしないからこそ
「死んだら死んだで生きてゆくのだ。」といった詩句が生きるんでしょうね.

「誕生祭」や「ごびらっふの…」にみられる
オノマトペ(擬声語・擬態語)の独自さ,多彩さも特徴的ですね.
草野の音韻に対する大胆な工夫と繊細な配慮が可能にしているのでしょう.
ことに「誕生祭」の最終連.
「ぎやわろっぎやわろっぎやわろ」×21行!
は,なかなか真似のできるものではありません.

草野心平が読みたくなったら先ずは現代詩文庫から始めてみては如何でしょう.
ちなみに現代詩文庫の「草野心平詩集」はこちらから購入できます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.25

マルコヴィッチ!

DVD「マルコヴィッチの穴」を見た.
どこをどう誉めたらよいのか良く判らないが
これはとにかく傑作だと思う.
一緒に見たツレアイは,気持ち悪い,と言い
こんなもん見て2時間損した,と言っていたが
俺は,とにかく,傑作だと思った.
だって,こんな脚本,かつてあったか?
そんな脚本,どうして絵になるんだ?
どこまでがマジで,どこからがギャグなのか?
哲学的なのか,心理学的なのか,ドタバタなのか?

ちなみにDVD「マルコヴィッチの穴」はこちらから購入できます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.24

隣町の詩人

ちょうど現代詩手帖の6月号を読み終えたところ.
来週28日には8月号が発売されるので実は1ヶ月遅れです.
トホホ…….

それはさておき6月号の特集は「生誕101年草野心平新発見」.
草野の人と作品をめぐる座談会や評論,エッセィとともに
粟津則雄,池井昌樹,城戸朱理が代表作10作品を選んだ詩抄
そして年譜と日記の抜粋が掲載されています.

殊に私には日記が感慨深い.
草野は60歳の時に東村山市南秋津に家を建て終の住処としました.
その南秋津(現秋津町?)は私が住む所沢市北秋津の隣町なのです.
私は,時折,自転車で草野が棲んだ辺りを通ることがあります.
そこには小さな石碑が残っています.
まだ所沢に越してきたばかりの頃,始めてこの石碑を見た私は
草野が身近に感じられ,とても嬉しかった.
今月号に掲載された日記はちょうど晩年のもので
草野の南秋津での生活を垣間見させてくれました.

当時のエピソード.
草野は庭の池に多くの魚を飼っていました.
ニジマス,ウグイ,ウナギ,コイ…….
殊にコイは一匹一匹名前をつけるほど可愛がっていたとのこと.
でも死んだら食べてしまうのだそうです.
コイの三郎も死んだら鯉こくにしてしまう.
ニジマスやウグイは塩焼きに.
留守中,小説家の檀一雄がやってきて
勝手にウナギを蒲焼きにしてしまったときも
うまそうだなぁ,俺にも食わせろ…….

草野の日記は45年分114冊が残されているそうです.
その日記が思潮社から出版されることになりました.
第1回配本『草野心平日記』(第2巻)はこちらで購入できます.

っていうか,購入したいなぁ…….

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.22

朝の日課

通勤の途中,巣鴨から西巣鴨まで歩く.約15分.
つい先週まではこれが日課だったのだが……
今週から更に距離を伸ばし池袋から西巣鴨まで歩くことにした.
池袋で西武線から山手線に乗換え巣鴨まで行って……
ってなことしてるうちに歩き出せば
同じ時間で西巣鴨まで行けるのではと思ったのだ.
試してみたら,案の定,却って早く西巣鴨に着くくらいだ.
これで出社時間を変えずに10分余計に歩くことができる.

思いがけない副産物.
発見! 池袋のはずれには安くてよさそうな居酒屋,立飲みが何軒も.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.20

ようやく脇坂が来た

昨日のこと。

チャリドリ(チャリでドリフト)だ、改造だ、と
自転車に興味を持ち始めた息子を連れて
池袋のサイクルショップ「チャーリー」へ。
息子は見たこともないパーツの数々に大喜び。
俺としても久しぶりにゆっくり自転車が見られて楽しかった。

夕方、池袋から戻ると、息子は、早速、自転車いじり。
俺は録画しておいた昨日のJGTC十勝GPを見た。
結果はモチュールZ(影山・クルム)の快勝。
2位エッソスープラ(脇坂・飯田)、3位G・ゾックスZ(金石・コマス)。
ニッサン派としては、金石が最終周で抜かれたのはシャクだが
しかし脇坂のあの走りが見られたのだから……。
これまでイマイチぱっとしなかったエッソが2位に入賞し
一方,連覇を狙うザナヴィZ(本山・ライアン)がリタイアで
シリーズチャンピオンの行方はますます判らなくなった。

夕食は冷し中華。もちろんビールつき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.19

運動靴と赤い金魚

昨日も暑かった.

日曜だというのにバスケ部の朝練がある息子につき合い,家中で早起き.
涼しいうちにと芝刈りを始めたが,すぐにカンカン照り.とにかく暑い.
それでも早起きのおかげで午前のうちに芝刈りと玄関掃除ができた.
午後はツタヤで借りてきたDVD「運動靴と赤い金魚」を見る.
せつない映画だ.でもラストシーンは美しく,救いが感じられる.
そして子供たちがみな可愛い.
殊に主役の子の困った顔が印象的だ.

夕食はチジミを焼く.ニラ,ネギ,タコ,ホタテ入り.
もちろんビールと泡盛は欠かせない.

DVD「運動靴と赤い金魚」はこちらから購入できます.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.17

カレーというのはスゴイもんだ

今日は夕飯にドライカレーを作った.
にんにく,たまねぎ,にんじんをみじん切り.
ひき肉と炒めて,塩とカレー粉で味付け,キーマカレーに.
ご飯は昨日の残りをバターで炒め,これも塩とカレー粉.

で,思ったのだが,カレーというのはスゴイもんだ.
豚挽き肉が200グラム.
にんにく一片,たまねぎ一個,にんじん一本.
それに油と塩とカレー粉少々にご飯二合.
これで家族三人がニコニコと飯が食える.

あ,俺はビールと泡盛も戴いたけどね…….

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年8月 »