« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.23

戦場の向こう側に届く想像力

『現代詩手帖』11月号からの抜き書きの最後は山崎るり子の作品で締めくくることにする。山崎は今年、詩集『風ぼうぼうぼう』で晩翠賞を受賞した。その誌上発表が掲載されていることもあって、11月号は山崎の作品が5篇も読むことができる。まずは第一詩集『おばあさん』(1999年)所収の「桃」全文を引く。

「桃は暗やみで食え と/おばあちゃんは言った/桃を食おう/暗がりの中で ぼんぼりのような/桃を食おう/すなすなするうぶ毛も/小さな虫も虫穴も/全部一緒に丸い桃/両手でしっかり爪たてて/何も見なかったことにして/何も感じなかったことにして/暗やみの中/ピチャルピチャル音たてて/汁だらだらだらしたたらせ/甘くてひんやりで/生あたたかい桃/かぶりつこう」

これは池井昌樹のエッセー「優しさの大河、その氾濫をこそ――『おばあさん』から『風ぼうぼうぼう』までの詩篇を巡って」に引用されていたものだ。妻として母として嫁として家に生きる、その「苦しい心の起き伏し」を台所という「静かな魂の避難所」で癒す姿が生々しい。

池井は山崎を評して「作者である自らと素材とに隔たりを置く詩人」だという。しかし山崎の「已むに已まれぬ優しさの氾濫が、その隔たりを一気に取り去る」ことがあるとも。池井は、そうした作品の典型として「桃」を引用した。どうやらその辺りに生々しさの秘密がありそうだ。

『だいどころ』(2000年)、『家は』(2002年)、そして『風ぼうぼうぼう』と詩業を重ねるに連れ、山崎の詩は母親性を強めてきたように見える。たとえば「家は今も」(『家は』所収)。息子の引きこもりという事態を、「新しい生きものに」なるために再び子宮に帰ったのだと、力強く暖かく受け止める母。そして母は息子を「いつか光の中に生み落と」し直すという。さらに『現代詩手帖』7月号に掲載された「風」や11月号に掲載された「受胎」(『風ぼうぼうぼう』所収)といった作品は自分の子どもの母親という個別性を越えて、生命そのものの母親の境地にまで達しているように見える。

池井は『風ぼうぼうぼう』では「素材と作者との隔たりを消し去る一瞬」に出会えなかったとしている。おそらく山崎は『おばあさん』の頃に疑いを感じていた母親性を受け容れ、そのことと引き替えに、母親としての自分をみつめる詩人としての眼力を強めていったのではないか。

最後に『現代詩手帖』2003年1月号から「ダイコン」から。

まな板カタカタいわせて
ダイコンを切っている
ダイコンダイコン小さくなる
カタカタと小さくなる

そういえば
いくさのつらさ教えるの忘れて
送り出してしまった
いまごろ湿った穴の中でふるえてはいないだろうか
行進の列の最後で
足をひきずってはいないだろうか

……略……

小さかったわたしの子ども
突撃の合図にひるまず走れただろうか
向かってくる相手を迷わず倒せただろうか
それとも迷わず来る相手に倒されたか
相手の母親も遠くの台所で
ダイコンを刻んでいるだろうか
カタカタカタカタ
刻んでいるだろうか

……略……

地面カタカタいわせて
ダイコンを切っている
カタカタカタカタ
遠くのほうからも ひびいてくる

母親性を徹底することによって山崎はついに戦場の向こう側にまで届く想像力を手に入れた。激しい暴力の応酬が世界を覆い尽くし、この国においても与党が平和憲法を捨て去ろうとしている。いまこそ、こうした想像力が求められているのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「夕暮れ」を歌うのは?

11/12に投稿した黒田三郎×フォーク」にfaceさんからこんなコメントを頂いた。

小室等さんも歌ってましたか。
自分は渡のしか知りませんでした。
ところで渡の
トリビュートでましたね。
これでは大塚まさじがこの歌を歌ってます。
ご存じかもしれませんが。

気になってgoogleしてみたのだが、高田渡の曲に関するデータは山ほどあるのだが、小室等は全くひっかかってこない。こりゃあ、どーも、Scaffaleさんの勘違いではないかという気がしてきた。

ま、それは、ともかく、久しぶりにfaceさんのな~んちゃって通信に立ち寄ってみると、「夕暮れ」が味のある写真とともに全文紹介されていた(もしや高田渡版か?)。なんど読んでもしみじみと良いなぁ。

「夕暮れ」(『な~んちゃって通信』2004.11.21.)
http://face.txt-nifty.com/nanntu/2004/11/post_20.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.21

命がけの道楽

『現代詩手帖』11月号を読み終えたところ。後半の89ページから印象に残った言葉を抜き書きしておこう。

(自己の存立にとって切実な動機を有しないものは)思想の名に値しない遊戯であるようにしか思われない。(城戸朱理「手帖時評10:「わたし」の解体を生きるとき」から)

城戸朱理の「手帖時評」は哲学的論考と詩評との合体に挑んだエキサイティングな試み。毎号読むのが楽しみな企画だ。しかも今回は珍しく生の肉声が漏れ聞こえたように感じられた。そのような言葉をもう1つ引いておく。

生きるという切実さに対して、何も教えないものに、なぜ、私達が敬意を払う必要があるというのか?

次は武田肇の「詩書月評:コピーライトを廃棄しクレオール化してゆく。」から。こちらも毎号、アジテーションめいた威勢のよい文章で楽しませてくれる。

諸兄姉の命がけの道楽に実り多からんことを

芭蕉の「余が風雅は夏炉冬扇のごとし。衆にさかひて用る所なし」(「柴門ノ辞」)という言葉を思いだした。詩は、その無用さにおいては道楽に過ぎないが、「生きるという切実さ」に触れるところがあって、その意味では「命がけ」である。

詩を、心より脳で書きませんか。

しかし、その「切実さ」に身を委ね、「切実さ」に書かせることに、安住してしまってはならない。武田は釘を刺すことも忘れない。

最後は山本哲也と和合亮一の「対談合評:新人作品をめぐって――無意識の底にうずくまるもの」から山本の発言。

(自己批評の目がないと)詩は書き流しただけのものに終わってしまう。

「脳で書」くために欠かせないのが「自己批評の目」であろう。「命がけの道楽」は「命がけ」だけに、「道楽」だからこそ、厳しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.19

やっと10人、とうとう10人

昨日『ブログでつくる詩人名鑑』に10人目の詩人を収録しました。
先月29日の開設以来、約20日でようやく2桁達成。
三日坊主に終るかと我ながら心配していましたが、とうとう2桁達成です。
まだまだ続けますのでご支援ご協力、トラックバック&コメントを宜しくお願い致します。

■ これまでに収録した詩人たち(五十音順) ■

池井昌樹
飯島耕一
岩田宏
草野心平
黒田三郎
寺山修司
西脇順三郎
平田俊子
穂村弘
村野四郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.16

現代詩手帖から

いつものように『現代詩手帖』からの抜書き。11月号の2つの特集から印象に残った言葉を引く。

まずは討議「性差を越えたゆらぎ――女性の詩、この10年」(新井豊美、吉田文憲、小池昌代)から、白石かずこ「カモン、ニコラ」を評した吉田の発言。

こころを届けたい他者がいるから言葉がよく伸びていく

詩を書くときに、個別具体的な誰かを思い浮かべながら書くのがよいのか、その逆なのか、といったことがしばしば議論の的となる。白石の場合は確かに吉田の言う通り「届けたい他者がいる」ことが美質に繋がっているように感じられる。だが、それが誰にでも有効な魔法の杖とは思われない。こうした議論は結局「詩の多様性」という概念に回収せざるを得ないのだろう。

次はクリハラ冉が「人間という名の喩(メタファ)――女性即人間である可能性について」で引用した長澤延子の言葉。

魂が破滅を選ぶなら、同時に肉体も破滅しなければならぬ。……略…… 魂の破滅を自らの破滅となすことによって、肉体は自身の誇りを保たねばならないのだ(「手記」より)

思いつめた表情、なにか悲痛なのっぴきならないものを感じさせる。長澤は1932年生まれ。敗戦直後の14歳のときから詩作を始め、その3年後には自ら命を絶ったそうだ。メールマガジン「C-Direct-2U」の2004/11/15号に紹介された「折鶴」も痛ましさを感じさせる作品だ。

女性詩の祖は与謝野晶子であり、そこから「実感軸」・「思想軸」・「暗喩軸」・「感情軸」の4つの方向に分かれて女性詩は展開していった、とするクリハラの立論はいささか図式的に過ぎるようにも感じられなくはないが女性詩にまつわる本質的な問題を提起しており興味深い。

以上は特集1「[女性詩]新地点」から。続いて特集2「平田俊子山崎るり子」からは中沢けいのエッセイ「しなのか しなんだ」から引く。

人は鼻歌を歌う時、ちょっとだけ詩人なのだ。人は口笛を吹く時、ほんの少し詩人になっている。

これだけを読むと、あたかも平田の詩が鼻歌扱い、口笛扱いされているように見えるが、もちろん、そうではない。

街の中にはそういう詩人になりかけた人の魂から零れ落ちた欠片があっちこっちにふらふら泳いでいる。それは詩なのかと聞かれれば、それを詩なんだと拾い集めて形にしてやることが詩人の仕事だろう。

平田の稀有な資質に対する最上級のオマージュと読んだ。最後に平田へのオマージュをもう1つ。

自分を巻添えにしてこそ諷刺には価値がある

横木徳久の「谷間世代へのオマージュ――平田俊子詩論」より。「谷間世代」とは団塊世代とオタク世代との狭間ということ。その世代に特有の心性が平田の美質を育んだ要因の一つだと横木は言う。そして平田の最大の美質は「自分を巻添えにしてこそ諷刺」にあると。

う~む、確かにギター侍・波多陽区もシメに「切腹」あってこそ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.14

今月も『現代詩手帖』を読んでいる

もちろん今月も『現代詩手帖』を読んでいる。11月号は「[女性詩]新地点」と「平田俊子山崎るり子」のダブル特集。ちょうど「[女性詩]……」のほうを読み終えたところだ。『現代詩手帖』が女性詩を特集するのは2002年2月号の「女性詩人34人集」以来のこと。そのときと比べて特徴的なのは、女性詩のこの10年間を振り返るという歴史的な視点が貫かれている点だ。

特集の中核をなすアンソロジー「女性名詩選1995-2004」も2004年から遡ってゆく逆編年体となっている。新井豊美、吉田文憲、小池昌代の3人が選んだ38編は代表作と呼ぶにふさわしい力作揃い。中でも印象的だったのは河津聖恵「駅はカテドラル――光と夜のあいだで」(『アリア、この夜の裸体のために』所収)と小池昌代「伊木力という地名に導かれて」(『もっとも官能的な部屋』所収)だ。

駅はカテドラル。みあげれば高い穹窿状の天井の闇から、またアナウンスのこだまは意味を失った透明な雪となって返ってくる。言葉の塵たちがふうわりとふりだした。静かな恩寵ともききまごう、異国の言葉の残響。(「駅はカテドラル――光と夜のあいだで」より)

異国の街の、とある駅のホールでの経験。ありふれた言葉が軒高い天井に反響し、思いがけず聖性を帯びて返ってくる。暖かく懐かしい「恩寵」のように――。とっつきやすい詩ではない。少なくとも私は何度も読み返しようやく読破した。しかし、その崇高なほどの美しさは諦めずに読み終えてよかったと素直に思わせるものだった。

伊木力というところから蜜柑が送られてきた。
伊木力蜜柑というのだ。
「『伊木力』」って地名ですか」
「地名だろうが、きかないねえ」(「伊木力という地名に導かれて」より)

ありふれた日常のひとこま、どこにでもありそうな会話だが、小池は「伊木力」という言葉の持つ音の力を聞き逃さない。そして、その言葉に導かれるようにしてアメリカでの鱒釣りの思い出を回想する。強い引きに耐えて釣り上げた瞬間に、小池の手を逃れていった「虹鱒のうろこに一瞬宿った、光の粒のようにすばやく消えるもの」を。

最終連、「駅はカテドラル……」とは違った形で、しかし同じように暖かく懐かしく崇高なものが胸に迫る。それは「てのひらから てのひらへ」手渡されていく「なつかしいおもみ」、「いきていくちから」だ。

どんなに多くのものに触れ
そのたびにどれほど逃してきただろう。
すりぬけていく、猫のような感触の「生」そのものを。
みえないたくさんのてのひらをかすりながら
世界の中心を
丸太のような
時が流れていく。

最後にアンソロジーに収録された全作品を示す。女性詩人たちへの敬意と感謝を込めて。

  • 平田俊子「十四月七日」(『詩七日』2004所収)

  • 山崎るり子「受胎」(『風ぼうぼうぼう』2004所収)

  • 井坂洋子「狒狒」(『豹』2003所収)

  • 川田絢音「あの水牛」(『雲南』2003所収)

  • 栗原知子「午前」(『シューティング・ゲーム』2003所収)

  • 小池田薫「十一件目の契約」(『二十一歳の夏』2003所収)

  • 佐伯多美子「果て」(『果て』2003所収)

  • 杉本真維子「百年」(『点火期』2003所収)

  • 石牟礼道子「少年」(『はにかみの国』2002所収)

  • 河津聖恵「駅はカテドラル――光と夜のあいだで」(『アリア、この夜の裸体のために』2002所収)

  • 佐藤洋子「(海)子、ニライカナイのうたを織った」(『(海)子、ニライカナイのうたを織った』2002所収)

  • 支倉隆子「鹿と水仙」(『身空χ』2002所収)

  • 阿部日奈子「ヤブカラシの夏」(『海曜日の女たち』2001所収)

  • 新井豊美「春の形式」(『切断と接続』2001所収)

  • 海埜今日子「水琴窟」(『季碑』2001所収)

  • 川口晴美「ダブル/ダブル」(『EXIT.』2001所収)

  • 日和聡子「狭室」(『びるま』2001所収)

  • 大下さなえ「凧」(『夢網』2000所収)

  • 関富士子「ピクニック」(『ピクニック』2000所収)

  • 野木京子「土の粒子、すり抜けるように」(『枝と砂』2000所収)

  • 加藤律子「暴虐の腕」(『子羊の肉』1999所収)

  • 木坂涼「中途の高さ」(『陽のテーブルクロス』1999所収)

  • 小池昌代「伊木力という地名に導かれて」(『もっとも官能的な部屋』1999所収)

  • 白石公子「追熟の森」(『追熟の森』1999所収)

  • 中本道代「花と婚礼」(『黄道と蛹』1999所収)

  • 蜂飼耳「いまにもうるおっていく陣地」(『いまにもうるおっていく陣地』1999所収)

  • 倉田比羽子「テアトルの道」(『カーニバル』1998所収)

  • 財部鳥子「白絹と時と鏡」(『烏有の人』1998所収)

  • 多田智満子「薤露歌」(『川のほとり』1998所収)

  • 福井桂子「十一月に菫色の葉が落ちてきて」(『荒屋敷』1998所収)

  • 白石かずこ「カモン、ニコラ」(『現れるものたちをして』1998所収)

  • 新川和江「骨つきハム その他」(『今朝の陽に』1998所収)

  • 関口涼子「Relation」(『(com)position』1998所収)

  • 高橋順子「ふるえながら水を」(『時の雨』1996所収)

  • 長谷部奈美江「七面鳥もしくは、リンドバーグの畑」(『もしくは、リンドバーグの畑』1996所収)

  • 吉田加南子「波 波 波 Ⅸ」(『波 波 波』1996所収)

  • 伊藤比呂美「ヒツジ犬の孤独」(『手・足・肉・体』1996所収)

  • 吉原幸子「むじゅん」(『発光』1996所収)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.11.12

黒田三郎×フォーク

先日ご紹介した「日本詩人愛唱歌集」黒田三郎を探してみたらざっと15曲ほどのリストがみつかった。もちろん赤い鳥の「紙風船」も載っている。

小室等も「苦業」と「夕暮れ」の2作品に曲をつけているらしい。昔、聴いたことがあるような気もするし、やっぱりないような気もするし……。聴いてはみたいのだがCD-BOXにも収録されていない。どうにも気になって「黒田三郎詩集」(現代詩文庫版)を開いてみる。あった。詩篇の部の最後の作品が「夕暮れ」だったのだ。

夕暮れの町で
僕は見る
自分の場所からはみ出てしまった
多くの人々を

夕暮れのビヤホールで
彼はひとり
一杯のジョッキをまえに
斜めに坐る

「自分の場所」ではないところで過ごした1日。きっと自分らしくない顔で自分らしくないことをしていたのだろう。仕事のために、生活のために。その疲労を一層苦いビールで洗い流し、夕暮れ時のせめて1時間ほどを自分だけで過ごす。なんだか身につまされる詩だ。

ちなみに「小室等BOX」はこちらでも購入できます。安心、便利なアマゾンです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.11

ゲリゲ発見!

Bulkfeeds: RSS Directory & Searchで「草野心平」を検索したら思いがけずゲリゲに出会うことができた。bjrqf834さん(goo ID)のweblog「死んだら死んだで生きてゆくのだ」に草野の作品「ヤマカガシの腹の中から仲間に告げるゲリゲの言葉」が全文引用されていたのだ。

出典になった詩を記念に
http://blog.goo.ne.jp/bjrqf834/e/bc724b5b5de936e5a048da662b502522

これは私も大好きな作品。ぜひぜひクリックして読んで欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.07

庭木にヤモリ!

所沢に住んでいると
庭の掃除をしているだけで
ニホンヤモリ(多分)に出会えたりする。
ほどほどに田舎な町なのだ、ここは。
そんなところが大好きなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タネあかし、13ページの7行目

例によって現代詩フォーラムの会議室「今読んでいる本の13ページ7行目を書き写すスレ」への投稿のタネあかしである。

まず1つめ。

す。つまり語ることは騙ること、何かに憑く

これは『現代詩手帖』11月号に掲載された座談記事「性差を越えたゆらぎ:女性の詩、この10年」から吉田文憲の発言。新井豊美に女性詩の「女性性の魅力」を問われて応えたもの。前後も合わせて改めて引き直す。

魅力を感じるというよりも、それは同時に危ういところでもあるんだと思うんです。つまり語ることは騙ること、何かに憑くということで、モノが語るというかモノに憑いて語るわけだから、ときにそれは陶酔的になったり人称に甘えるというか女性性に憑くように甘えたりしかねないような形式でもある。

率直に言ってちょっと傲慢ではないかと思った。男性詩人だって男性性「に憑くように甘え」ることもあるのではないか。新井も小池(昌代)もずいぶんと大人で突っ込んでくれなかったのが残念。それとも編集が切ったか?

次はこちら。

というところが詩に似ている

こちらは谷川俊太郎「父の死」(『世間知ラズ』所収)。何がどう詩に似ているのかというと、「死は未知のもので/未知のものには細部がない」。また「死も詩も生を要約しがちだが/生き残った者どもは要約よりも/ますます謎めく細部を喜ぶ」とも。洞察なのか直感なのかは判らないが、谷川のこういったアフォリズムは非常に的確で「世間知ラズ」どころかよくよく判っている人だと思う。刊行当事以来、久しぶりに再読したが『世間知ラズ』は谷川のベスト作のように思われてきた。

ちなみに『世間知ラズ』はこちらでも購入できます。便利で安心、アマゾンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.05

草野心平おすすめサイト

せっかく「詩人名鑑」を開設したのだから少しは情報収集を、といってもGoogleで「草野心平」と検索してみただけなのだが、なかなか面白いサイトに出会うことができた。

Gen「草野心平 - 蛙の詩人 -」
http://www.kaeruclub.jp/kusano/sinpeiindex.html
蛙好きのGen氏が開設した「かえるくらぶ」内のページ。同氏のエッセー「草野心平と蛙」や長大な「蛙詩一覧」(未完)などが公開されている。草野の「略歴」も紹介しているが蛙と無関係の詩集はあえて無視するこだわりぶりである。

Scaffale「日本詩人愛唱歌集」
http://www.geocities.jp/scaffale00410/index.htm
一方、Scaffale氏のこだわりは「歌」。詩人が作詞した歌や、詩に曲がつけられ歌となったものを多数紹介している。草野のページを見ると200曲くらいはありそうだ。練馬の石神井中学校等、校歌も多数混じっている。なんとも贅沢なことだ。Scaffale氏が運営する別サイト「校歌の花束」を見ると実は世の中には贅沢な校歌が色々たくさんあるらしい。

viento「文学者掃苔録図書館」
http://www.asahi-net.or.jp/~pb5h-ootk/index.html
「掃苔」とは墓参りのこと。墓石の苔(コケ)を掃き清めることからきた言葉だ。そう、viento氏のこだわりはなんと墓参り。全国各地に点在する文学者の墓に訪れてはそのときの様子を記録している。草野の墓は福島県いわき市の常慶寺にあるそうだ。いつか訪れてみたい。その時にはもちろん一升瓶を供えるつもり。

川内村「草野心平と川内村」
http://www.kawauchimura.com/index_sin.htm
福島県川内村のサイトに設けられたもの。モリアオガエルを探して川内村にたどりついた草野は、この地が気に入ったらしく足繁く通うようになった。そこから端を発して草野は名誉村民に。またそのお祝いに建設された天山文庫は東村山の自宅とならんで草野晩年の活躍を支える拠点となった。当時、草野とつき合いのあった地元の人々による<ゆかりの人々が語る「草野心平と川内村」>は、草野の人柄が偲ばれ興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »