« ゲリゲ発見! | トップページ | 今月も『現代詩手帖』を読んでいる »

2004.11.12

黒田三郎×フォーク

先日ご紹介した「日本詩人愛唱歌集」黒田三郎を探してみたらざっと15曲ほどのリストがみつかった。もちろん赤い鳥の「紙風船」も載っている。

小室等も「苦業」と「夕暮れ」の2作品に曲をつけているらしい。昔、聴いたことがあるような気もするし、やっぱりないような気もするし……。聴いてはみたいのだがCD-BOXにも収録されていない。どうにも気になって「黒田三郎詩集」(現代詩文庫版)を開いてみる。あった。詩篇の部の最後の作品が「夕暮れ」だったのだ。

夕暮れの町で
僕は見る
自分の場所からはみ出てしまった
多くの人々を

夕暮れのビヤホールで
彼はひとり
一杯のジョッキをまえに
斜めに坐る

「自分の場所」ではないところで過ごした1日。きっと自分らしくない顔で自分らしくないことをしていたのだろう。仕事のために、生活のために。その疲労を一層苦いビールで洗い流し、夕暮れ時のせめて1時間ほどを自分だけで過ごす。なんだか身につまされる詩だ。

ちなみに「小室等BOX」はこちらでも購入できます。安心、便利なアマゾンです。

|

« ゲリゲ発見! | トップページ | 今月も『現代詩手帖』を読んでいる »

コメント

こんにちは。
小室等さんも歌ってましたか。
自分は渡のしか知りませんでした。
ところで渡の
トリビュートでましたね。
これでは大塚まさじがこの歌を歌ってます。
ご存じかもしれませんが。
な〜んちゃって。

投稿: face | 2004.11.21 12:26

faceさん、お久しぶりです。ならぢゅんです。
そうですか、「夕暮れ」は高田渡が歌っていましたか。
faceさんもご存じないとなると
小室等のほうは間違いかもしれませんね。

ところで「日本詩人愛唱歌集」を改めて見てみたら
多摩美大の校歌も黒田三郎なんですねぇ。贅沢だなぁ。

投稿: ならぢゅん | 2004.11.22 13:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/1940967

この記事へのトラックバック一覧です: 黒田三郎×フォーク:

« ゲリゲ発見! | トップページ | 今月も『現代詩手帖』を読んでいる »