« さようなら、石垣りん さん | トップページ | 2004年を振りかえる(映画篇) »

2004.12.31

2004年を振りかえる(読書篇)

今年もいよいよ残り2日。例年通り、この一年を振り返っておきたいと思う。

まずは読書篇。今年は47冊と寡読なボクとしては比較的多く読んだほうだった。雑誌はカウントしていないから少なくとも現代詩手帖12冊がこれに加わる。例によってベスト3を選んでみると:

1.谷川俊太郎 .世間知ラズ.思潮社.1993

『世間知ラズ』を紐解いたのは何度目のことだろうか。冒頭を飾る「父の死」といい、「詩は/滑稽だ」と冷たく言い放った表題作「世間知ラズ」といい、いつ読んでもその衝撃は古びることがない。この詩集を上梓してから2002年に『minimal』を刊行するまでの約10年、谷川は新作詩集を発表しなかった。『世間知ラズ』は、そこここに沈黙の予兆、詩への絶望が感じられる。

2.池井昌樹.池井昌樹詩集.現代詩文庫.思潮社.2001

『池井昌樹詩集』は先日ご紹介したばかりなので(「恒例(?)タネあかし、13ページの7行目」)、ご記憶のかたもおありかと思う。また、その前にご紹介した「星々」も収録されている。ボクは池井の今のところのベストは『晴夜』と『月下の一群』だと思っている。その両方の全篇が収められている『池井昌樹詩集』は実にお徳用だ。

3.太田哲也.クラッシュ―絶望を希望に変える瞬間.幻冬舎文庫.幻冬舎.2003ならびに同.リバース―魂の戻る場所.幻冬舎.2003

レース中の事故で重傷を負った太田がサーキットに戻る日までを描いたドキュメント。もともと息子にねだられて買い与えたものだが試しに読んでみたら大当たり。人間の尊厳、命の強さと脆さを痛感させられた。

番外編。今年は例年になくマンガをよく読んだ年でもあった。なかでもはまったのが『頭文字D』(しげの秀一)。これも最初は息子に買ってやったものだったが、いまではすっかりボクのお気に入り。毎週金曜日、会社帰りにブックオフで一巻ずつ買うのが自分へのささやかなご褒美。もう一つのお気に入りは『750ライダー』(石井いさみ)。中学、高校の頃、『少年チャンピオン』に連載されていたものだ。当時はわずかな小遣いが惜しくて本屋で立ち読みしたり仲間とまわし読みしたりだった。ある日、これまたブックオフでSPコミック版を発見。二度と会えないと思っていた旧い仲間と思いがけず再会を果たした気分がした。

『750ライダー』の登場人物たち、光に順平、委員長、マスター……、みんな当時のままだけど、ボク一人、すっかり歳をとってしまった。それだけに君らがいとしい。

|

« さようなら、石垣りん さん | トップページ | 2004年を振りかえる(映画篇) »

コメント

こんにちは、faceです。
いよいよ大晦日、いかがお過ごしですか?
マンガも読まれるんですね。DはDVDとかでよく見ましたよ。750も。来年は吉田秋生さんのマンガを中心に読んでみたいと思います。じつは自分の師匠が『櫻の園(白泉社)文庫も』のカバーの装幀しましたもので、その関係で。
いろいろとコメントありがとうございました。来年もまたよろしくお願いします。

投稿: face | 2004.12.31 11:52

faceさん、あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

マンガは学生時代にはよく読んでいました。もとをたどれば「矮猫亭」も実は大島弓子の『綿の国星』に登場する「チビネコ」から取ったものです。

吉田秋生も妹が好きだったのでよく読みました。『カリフォルニア物語』とか『吉祥天女』とか『河よりも長くゆるやかに』とか。『櫻の園』は映画は見たのですが原作は未だです。

追伸:今日は家族三人で『ハウルの動く城』を見に行きました。泣いちゃいましたー。息子(中一)にみつかってケラケラ笑われた。悔しい。

投稿: ならぢゅん | 2005.01.01 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/2423411

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年を振りかえる(読書篇):

« さようなら、石垣りん さん | トップページ | 2004年を振りかえる(映画篇) »