« ようやく20人になりました | トップページ | 池井昌樹「だれもしらない」――現代詩手帖1月号から(4) »

2005.01.31

谷川俊太郎「入眠」――「現代詩手帖」1月号から(3)

いつもの「現代詩手帖」、もう2月号が発売されたが相変わらず1月号からの抜書きである。今回は谷川俊太郎の「入眠」から。

氾濫する意味は暴力の前に無力だ
涙もそして
沈黙ももちろん

独り眠れぬまま過ごす夜、普段は聞き過ごしてしまうような物音が妙に耳にまとわりつく。鴉の鳴く声、天井裏から聞こえる得体のしれないきしみ。えも言われぬ不条理感、空虚感に襲われ、詩人はベッドを離れペンを持つ。

書き連ねられた幾多の言葉はそれぞれに意味をはらみ、組み合わされ文脈を構成されることで意味を拡大してゆく。だが詩人を取り囲む世界は暴力に満ちていて、どのような言葉も、その力に抗することは出来ない。

詩人は、しかし、涙も、沈黙も無力であることを知っている。たとえ無力であろうと言葉に賭すほかないのだ。言葉は時に笑顔を産むから。言葉は次なる世代に希望を繋ぐ唯一の回路だから。

短く静かな作品だが内に力強さを秘めている。谷川の10年におよんだ沈黙と復活の意味を解き明かすものとして読むことも、あながち的外れではあるまい。

追伸 ところで2月号の特集は「詩の森文庫――入門から専門へ」。昨年、思潮社が刊行を始めた新シリーズ「詩の森文庫」について、著名詩人24名が既刊10冊の解説や今後の展開への希望などを記している。

|

« ようやく20人になりました | トップページ | 池井昌樹「だれもしらない」――現代詩手帖1月号から(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/2756049

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川俊太郎「入眠」――「現代詩手帖」1月号から(3):

» 別冊カドカワに書きました。 [文屋]
ふだん現代詩の世界にいると、こむずかしいことばかり考えていて いまでも、伊東静雄の戦中の一部の作品は、どうだったのかなどと 頭をかかえていますが、たまには、一般... [続きを読む]

受信: 2005.02.11 10:38

« ようやく20人になりました | トップページ | 池井昌樹「だれもしらない」――現代詩手帖1月号から(4) »