« 現代詩手帖、2月号の読みどころ(2) | トップページ | 今日もタネあかし、13ページの7行目 »

2005.02.25

恒例タネあかし、13ページの7行目

たったいま『現代詩フォーラム』から帰ってきたところ。例によってスレッド型会議室「今読んでいる本の13ページ7行目を書き写すスレ」に投稿してきた。今回、投稿したのは、この1行だ。

限定して、われわれがいま書いている詩の直接の起源である口語自由詩ということであれば、萩

これは野村喜和夫の『現代詩作マニュアル――詩の森に踏みこむために』から拾ったもの。野村はマニュアルの巻頭で現代詩の歴史を概説している。それは、「いま詩を書こうとしている人たちの最大の問題点は、おそらく読む行為が欠けている」こと、という問題意識によるものだ。では、現代詩の歴史の起点をどこにおくのか、明治の新体詩からか、江戸まで遡り蕪村から始めるか、20世紀初頭のモダニスム運動からか、それとも……。

詩史の起点の候補となった詩人、13ページの7行目の最後の文字「萩」から始まる名の詩人は誰か。それは、もちろん、萩原朔太郎である。近代詩を七五調と雅語の呪縛から解き放った、口語自由詩の祖である朔太郎も十分に詩史の起点の資格を持っている。だが野村が選んだのは「戦後」を起点とすることだ。野村は言う。日本の現代詩は、苛烈な戦争体験を契機とした、それまでの詩への疑いから出発している。歴史の起点を戦争におかなければならないことは不幸なことではあるが……。

『現代詩作マニュアル』とはいっても類書と同様、また著者みずから「あとがき」に認める通り、決して、「マニュアル」的な、これを読めば詩が書けるようになる、といった本ではない。むしろ詩を読み学ぶためのハンドブックとして重宝しそうにボクには思われた。野村は言う。「詩においては、読むことはほとんどもう書くこと」であり「それだけでもう幾分か創造的な行為」である。だから野村は敢えて本書を「詩作マニュアル」と名づけることにしたのだろうか。

|

« 現代詩手帖、2月号の読みどころ(2) | トップページ | 今日もタネあかし、13ページの7行目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/3071633

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例タネあかし、13ページの7行目:

« 現代詩手帖、2月号の読みどころ(2) | トップページ | 今日もタネあかし、13ページの7行目 »