« おとなってなんだろう | トップページ | グリーンマイルをみた »

2005.05.19

恒例タネあかし、13ページの7行目

久しぶりのタネあかし。いま読んでいる本の13ページの7行目はこんな一行だ。

のと知らないのとでは天と地ほどの開きがあります。家族全員が完成形を共有していなければ、それ

家族全員が完成形を知っていなければパズルはうまく組み立てられない、とヴィジョンを共有することの大切さをパズルに例えて語ったもの。出典はスティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣 ファミリー』である。

『7つの習慣』が大ブームを巻き起こしたのは、もう10年近くも前になるだろうか。人生を変える手帳フランクリン・プランナーを買いこみ、ミッションステートメントをしたためた読者もいらっしゃるのではないだろうか。恥ずかしながらボクもその一人だ。もっとも今ではすっかり熱も薄れ、フランクリン・プランナーも惰性で使っているに過ぎないのだが……。そんなボクが『7つの習慣 ファミリー』を読むことにしたのは、息子の反抗期と上手くつき合うことの難しさに、妻ともども音を上げそうになったからだ。藁をもつかむ思いといっても言い過ぎではない。

久しぶりに読んだコヴィの文章はとことん前向きで確信に満ち、また具体的で実に分かり易い。フランクリン・プランナーを買った当時のことも思いだされ、いやおうなくテンションが盛り上がってくる。ページを閉じれば、すぐに、へこたれそうな現実が帰ってくるのだが、少しは賢く、勇気をもって対処できるような気がする。

|

« おとなってなんだろう | トップページ | グリーンマイルをみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/4192134

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例タネあかし、13ページの7行目:

« おとなってなんだろう | トップページ | グリーンマイルをみた »