« 学びの支援フォーラム | トップページ | 養命酒を入れてみた »

2005.08.23

西武園花火鑑賞記

何年ぶりのことであろうか。一昨日、西武園の花火大会を見に行った。家族そろってツレアイの実家に遊びに行ったところ、珍しく顔がそろったから夕涼みがてらひやかしてみるか、という話になったのだ。

6時半ころに家を出て電車を乗り継ぎ西武遊園地駅へ向かう。花火を見るだけなので遊園地には入場せず近隣の歩道から鑑賞することにした。打上げ開始の8時が迫るにつれ人が増え、いつの間にやら歩道は見物客でいっぱいになる。みな考えることは同じなのだ。そうこうするうちに待ちに待った花火が始まる。誰もが一心に夜空を見つめ華やかな光の饗宴に息を呑む。ひときわ大きな花火には自然と歓声が、そして拍手が湧き起こる。

で、久しぶりに間近で見て思ったのだが、花火の醍醐味は実は音ではないか。小ぶりの花が次々と開き、続いてバラバラバラっと賑やかな音がそれを追う。大花が開いたときは、一呼吸おいてズドンと低い音が腹に響く。衝撃波が風となって足元に押し寄せもする。

行く夏を惜しみ、夜風に吹かれながら、色と光を、形と動きを、そして音を楽しむ――次の週末も足を運んでみようか、という気にさせられた。今度はビール持参で……。

|

« 学びの支援フォーラム | トップページ | 養命酒を入れてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/5596882

この記事へのトラックバック一覧です: 西武園花火鑑賞記:

« 学びの支援フォーラム | トップページ | 養命酒を入れてみた »