« 養命酒を入れてみた | トップページ | はしる、はしる、はしる…… »

2005.09.01

この夏の想い出から

maria早いものでもう9月である。夏も終わり。そこで、この夏の想い出の写真を1枚。軽井沢・聖パウロ教会の聖母子像である。夏は我が家にとって年に一度の家族旅行の季節。猛暑だった今年は涼しさを求めて軽井沢に出かけた。日中は殆ど自転車のペダルを踏んですごし、いにしえの避暑地の面影を残す旧軽井沢や、塩沢湖を巡ってテニスコートとペンションが立ち並ぶ南軽井沢をかけ回った。もちろん人気スポットである聖パウロ教会にも立ち寄ったが、教会そのものよりも、ひっそりとひかえめにたたずむ聖母子像に心が惹かれた。子どもの頃に見た田の畦道のお地蔵さんや道祖神のように、日本の風土、景色にとけこんだその姿に深い安らぎを覚えたのだ。軽井沢には、このような旧き佳き日本と西洋との幸福な出会いの跡が随所に残されているように思われる。願わくば、観光・レジャー開発の怒涛が、この街のしっとりとした魅力を呑み尽くしてしまうことのないように……。

|

« 養命酒を入れてみた | トップページ | はしる、はしる、はしる…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/5734401

この記事へのトラックバック一覧です: この夏の想い出から:

» 郵政民営化は最優先課題か−その2 [ここがヘンだよ!郵政民営化]
現在の日本のように、改革すべき問題がたくさんある場合、どの改革から実行すべきであるかの優先順位をつける必要があります。果たして郵政民営化は最優先で取り組むべき課題なのでしょうか。 今回は自民党が主張する「郵政民営化は最優先で取り組むべき改革である」とい....... [続きを読む]

受信: 2005.09.08 15:31

« 養命酒を入れてみた | トップページ | はしる、はしる、はしる…… »