« 9.11、そのときあなたは | トップページ | ウォーターボーイズには会えなかったけれど »

2005.09.09

最後の夏に見上げた空は

ライトノベルなるものを読んでみた。生まれて初めてのことだ。そもそもボクは小説自体めったに読まない。だが、珍しく息子(中二)から薦められたので、読んでみることにしたのだ。住本優『最後の夏に見上げた空は』である。

ハナから作品そのものに関心があったわけではなく、いま息子がどんな本を読んでいるのか、ひいては息子の成長ぶりにこそ興味があったのだが、読み始めると意外にも作品にひきこまれていった。人の生き死にに関わる重い題材を、住本は素朴ながら真剣な手つきで丁寧に扱っている。いたずらに深刻ぶらない筆致にも好感が持てた。あっという間に巻を読み終え、巻目の刊行が待ち遠しく思われたほどだ。

あらかじめ悲劇的結末が約束されている、そういうタイプの筋書きであるから、やむを得ないこととも思われるが、巻はやや感傷的に過ぎるかもしれない。しかし、それもエンターテイメントの一要素として素直に受け入れることのできるものだ。他のライトノベルのことは知らないが、この作品は悪くない。わが息子も少しは成長しているのだな……と最後は例によって親バカで締めくくる次第である。

|

« 9.11、そのときあなたは | トップページ | ウォーターボーイズには会えなかったけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/5857071

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の夏に見上げた空は:

« 9.11、そのときあなたは | トップページ | ウォーターボーイズには会えなかったけれど »