« 宙ぶらりん | トップページ | お久しぶりの13ページの7行目 »

2005.10.28

雨中痩猫の記

10月27日。朝、雨中、仔猫の鳴く声を聞く。頼りなげな声だ。切なく思われたが、とは言えどこから聞こえるとも知れず、まして通勤途上のこと、どうにもしようがない。

3週間ほど前のことであろうか、雨に降り込められ、一日中、家で過ごした休日、仔猫が頻りに鳴くのを聞いた。いぶかしく思われカーテンの隙間からそっと覗くと軒下に三毛の幼猫が身をひそめていた。野良の生まれが親とはぐれたか、それとも飼い猫が迷いいでたか、痩せ細った姿が哀れを誘う。ミルクでもくれようかと思ったが、味をしめて居すわられても厄介かと、思案しているうちに声がやんだ。

あるいは朝の仔猫はこの三毛であったか。あれからずっと心細く迷い続けていたのだろうか。思い返せば矮猫亭のささやかな庭に似つかわしい痩せ猫、今度、家にきたら、その時こそ……、そんなことを思いながら会社に向かった。

帰宅後、夕餉の折、妻に朝の仔猫のことを話すと、想いがけず仔猫の消息が分かった。昼間、5~6匹の仔猫を連れた親猫が近所の路地を歩いていた。その隊列の一番うしろに、ひときわ小さな仔猫。路地のあれこれが気にかかるらしく、立ち止まったり、いたずらしたりしているうちに、隊列から遅れ、はぐれてしまいそうになる。その度に仔猫は情けない声で親を呼ぶ。この猫が三毛であり、どう見ても雨の日の猫だと言うのだ。

迷ってばかりのチビ猫に何となく我が身の来し方が重なる。お互い無事に生き残れればと、妙な連帯感と共に、安寧を願うばかりである。

|

« 宙ぶらりん | トップページ | お久しぶりの13ページの7行目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/6701334

この記事へのトラックバック一覧です: 雨中痩猫の記:

« 宙ぶらりん | トップページ | お久しぶりの13ページの7行目 »