« 茨木のり子さんが亡くなられた | トップページ | 五月のように »

2006.02.24

グローバリゼーションの中の詩の役割

2月24日。今日も現代詩手帖2月号を読んでいる。第2特集「日欧現代詩フェスティバルin東京」の冒頭に収められた「グローバリゼーションの中の詩の役割」から印象に残った言葉を書き抜いておくことにする。

この記事は昨年12月に開催された「日欧現代詩フェスティバルin東京」でのシンポジウムを収録したものだ。司会は小林康夫、シンポジストはカジミーロ・ドゥ・ブリトー、ジャック・ダラス、カイ・ニエミネン、辻井喬、藤井貞和、夏石番矢、城戸朱理の7名である。先ず司会の小林が口火を切る。

グローバリゼーションというのは世界全体のアメリカ化としても見えてきている……中略……国民国家という社会的な制度にいわばネーションとしての、あるいは人々の魂、同一性をあたえる役目を詩は担ってきた……中略……グローバリゼーションはそういった近代的な国家を解体してしまう……中略……地球全体が同じ均質の文化で包まれてしまう、そういう文化に見えるわけです。そのときにいったい詩はもう一回、どういう役目として自分たちを定義したらいいのか

これに対してダラスはポエトリーとポリティックスは、「ポ」という部分は同じだが相容れないものだと釘を刺す。しかし日本勢はひるまない。城戸は「世界全体のアメリカ化」としてのグローバリゼーションは詩とは全く相容れないものだとする。
グローバリゼーションの問題は、ある意味で世界を均一化するということです。つまり貨幣の流れが、そのまま人間の欲望の流れであり、人間の欲望を充足させるという一つの方向性自体が、アメリカンイングリッシュとドルを基軸にしてしか起こらない構造のなかに世界を巻き込んでいこうとしている。ところがそういったものは、結局のところ、決定的に詩という存在から離反するコードなわけです。

夏石は更に直截的で威勢がよい。
グローバリゼーションという言葉は、アメリカが、あるいはアングロサクソンが、軍事、政治、経済のレベルで、自分たちが中心になり、自分たちが利益を得るための戦略であると思うからです。……中略……グローバリゼーションという卑しい戦略を超えたインタラクション、相互作用が今こそ必要だと思います。

一方、藤井は均質化のなかで進む分断、断片化に抗することを詩人に求める。
バラバラに平板になってしまったそれらを、事実として認めながら再構成していくこと、それが現代の詩人たち――それは同じことが世界でも言えると信じておりますが、バラバラに破片になったところから世界を再構築していくということがいま大きく求められているのではないか

では、それはどのようにすれば可能なのか。ブリトーは言う。
詩が時代を超えて訴えようとしているのは、カオスに従え、人生に従え、自分の愛する道に従え、そして法に従うな、ということです。

城戸もまた固有性を突き詰めてゆくことにその可能性を求める。
固有のもの、個別でしかありえないものを徹底的に突き詰めていくところからしか、実はその先の世界はないと思っています。

グローバリゼーションの名の下で進む均一化と分断、断片化に対し、詩人はいかにして固有性を突き詰めつつ世界の再構築と相互作用、連帯を果たすのか。小林は一連の議論をこのようにまとめた。
詩人というひとりの人間の固有性を賭けて行なわれる。そこが詩の非常に貴重なところだと思います。ですが、それは決して「私」という固有性ではない。……中略……詩が自分の自己満足的な自己意識、根付きを超えて、あくまでも自分の知らないもの、自分の外にあるものとの通路になること。それを言語の根付きとして実現することが極めて重要だと思います。

最後にダラスの言葉を引いておきたい。短いながら詩人の役割を、少なくともその一つを明確に示したものだ。
詩人は生まれながらに抵抗者である

|

« 茨木のり子さんが亡くなられた | トップページ | 五月のように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/8813678

この記事へのトラックバック一覧です: グローバリゼーションの中の詩の役割:

« 茨木のり子さんが亡くなられた | トップページ | 五月のように »