« 現代詩手帖、茨木のり子追悼特集より | トップページ | 満開の桜の下で »

2006.03.31

現代詩手帖、茨木のり子追悼特集より(2)

3月31日。現代詩手帖4月号から「茨木のり子代表詩選」に収録された20編の題名を記しておく。

根府川の海
対話
行きずりの黒いエトランゼに
いちど視たもの(以上、『対話』[1955]より)
私が一番きれいだったとき
小さな娘が思ったこと(以上、『見えない配達夫』[1958]より)
花の名
女の子のマーチ
汲む(以上、『鎮魂歌』[1965]より)
スペイン
吹抜保
居酒屋にて(以上、『人名詩集』[1971]より)
自分の感受性くらい
青梅街道
木の実
四海波静
殴る(以上、『自分の感受性くらい』[1977]より)
隣国語の森(『寸志』[1982]より)
さゆ(『食卓に珈琲の匂い流れ』[1992]より)
倚りかからず(『倚りかからず』[1999]より)

いずれも印象深い作品ばかりだ。

|

« 現代詩手帖、茨木のり子追悼特集より | トップページ | 満開の桜の下で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/9354116

この記事へのトラックバック一覧です: 現代詩手帖、茨木のり子追悼特集より(2):

« 現代詩手帖、茨木のり子追悼特集より | トップページ | 満開の桜の下で »