« ゆり園にて | トップページ | 106,398歩、ソウルの旅(2) »

2006.06.14

106,398歩、ソウルの旅(1)

5月3日。午前3時30分起床。5時の始発列車に乗るには少々早めの時間だが、朝に弱い息子のことを考えればやむを得ない時間だ。妻も出がけのギリギリまで片付けが気になる性分。ボクだって人のことは言えない。用意周到、予めあれこれ準備万端を期するようで実はギリギリになって肝心なことを思い出したりする。そんな訳で我が家の旅立ちはいつもドタバタだ。この日、息子は存外すっきりと目覚め、妻も珍しく片付けより出立を優先し、結局、いつものように最後になってトイレに駆け込んだのはボクだった。

所沢駅まで徒歩5分、不動産屋ならそう書くだろう。実際は7分くらいだろうか、6~7年ぶりにスーツケースを転がしながら駅に向かう。これが我が家のソウルへの旅立ち。家族3人でゆく初の海外旅行の始まりだ。中3になった息子にとっては生まれて初めての海外旅行、初の飛行機。企画から手配まで全て妻に任せたのも初めてのことだし、つまらないことを言えばゴールデンウィークに旅をするのだって初めてだ(我が家では家族旅行といえば決まって夏休みなのだ)。

初めてづくしの旅の始めの、そのまた始めを紐解けば、韓流ブームの火付け役となったドラマ『冬のソナタ』にゆきつく。友人から借りたDVDを見て以来、妻はすっかり韓流のとりこ。いまでは週に一度、韓国語のレッスンを受けに行くほどの熱の入れようだ。もっともあれほど入れ込んだヨンさま贔屓も今ではRainさまがお気に入り。ボクとしてはそのお陰で本場の韓国料理が食べられるのだから文句はない。

          ○     ○

さて親子3人の珍道中、3泊4日、106,398歩がどんな旅になったのか。続きはいずれまた。

|

« ゆり園にて | トップページ | 106,398歩、ソウルの旅(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/10520259

この記事へのトラックバック一覧です: 106,398歩、ソウルの旅(1):

« ゆり園にて | トップページ | 106,398歩、ソウルの旅(2) »