« 106,398歩、ソウルの旅(1) | トップページ | 初めの炎 »

2006.06.19

106,398歩、ソウルの旅(2)

5月3日。午前4時50分。所沢駅に到着。始発列車の出る10分前だ。心配性のボクは気が急いてならないが妻と息子は余裕の表情。いつものことだ。結局、ちゃんと間に合って、ボクは心配し過ぎと笑われる。

息子は乗り物に弱い。ボクが車を運転しないせいだろうか。乗用車、バスはおろか電車でさえ酔うことがある。なんとか気をそらそうと、あれこれ息子が興味を持ちそうなことを話しかける。これが効を奏したのか、元気に池袋に到着。山手線に乗り換え浜松町へ向かう。

あれはもう10年近く前のこと。妻の発案で家族3人、山手線を歩いて一周したことがある。満員の通勤列車に乗っているときはそんな余裕もないが、車窓から外の景色を見ながら山手線に乗っていると、あの日のことを思い出す。10年、山手線から見る景色は存外、変わっていないのだが、息子はすっかり逞しく、それ以上にナマイキに、そして妻とボクとはかなり中年らしくなってきた。

浜松町から東京モノレールに乗り込む。海外旅行客は普通、成田に向かうものだが、妻が選んだツアーはJALのチャーター便で羽田を出るというものだ。向かう先も通常の仁川国際空港ではなく、よりソウルの街中に近い金浦空港である。韓流ブームを商機にということだろうか、JTBも便利なツアーを組んでくれたものだ。

ボクは東京モノレールから見る景色が好きだ。特に小さな古い運河や物流倉庫、東京競馬場の厩舎や飛行機の整備工場。それらをネタに冗談をとばしているうちに羽田到着。ここまでは順調すぎるくらい順調な旅立ちだ。すべては妻のそつのない計画のおかげ。ボクの心配性はどうやら無用の長物であるらしい。

しかし、はたして乗り物に弱い息子は初めての飛行機に酔ってしまうのだろうか。そもそも飛行機嫌いのボクが正気を失わずに離陸できるのかどうか。続きはいずれまた……。

|

« 106,398歩、ソウルの旅(1) | トップページ | 初めの炎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/10591679

この記事へのトラックバック一覧です: 106,398歩、ソウルの旅(2):

« 106,398歩、ソウルの旅(1) | トップページ | 初めの炎 »