« 北秋津の夏祭り | トップページ | 夏休みの思い出から(1) »

2006.07.25

106,398歩、ソウルの旅(4)

5月3日。いよいよソウルに向けて離陸である。日本を離れるまでに、これ程の字数を重ねることになろうとは思ってもみなかったが、書き始めてみると、あれこれ懐かしく思い出され、ついつい長舌になってしまった。

久しぶりに飛行機に乗って驚いたのはエコノミークラスの充実ぶりである。昔に比べれば座席も広くなり、座り心地も随分とよくなった。座席ごとにディスプレーがあって各自好きな番組が見られるようになったのもビックリだ。こんなことはしばしば飛行機を利用している人にとっては驚きでもなんでもないのだろうが、なにしろボクは5年ぶりだか6年ぶりだかの飛行機である。

緊急時の避難方法等の説明が終わるとゆっくりと飛行機が動き出した。息子は家から持ってきた文庫本を読んでいる。ボクはガイド本を見ながら初日の旅程について妻と話をしていたが、実は内心、少しずつ飛行機恐怖症が頭をもたげ出していた。

滑走路についたのだろうか。いよいよ本格的に加速が始まる。息子は顔を挙げ驚いたような表情を見せる。すげー加速、何キロ出てんだこれ。聞いてて恥ずかしくなるような大声を出す。そして離陸。眼下の風景に息子の興奮度は更に高まり、すげー、すげー、を連発する。久しぶりに見る子供らしい無邪気なはしゃぎぶりにボクの気分も高揚し、いつになく(いつも以上に?)多弁になる。

こうして息子の乗物酔いもボクの飛行機恐怖症もあっけなく克服されてしまった。案ずるより産むが易しとはよくぞ言ったものだ。

続きはいずれまた……。

|

« 北秋津の夏祭り | トップページ | 夏休みの思い出から(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/11092540

この記事へのトラックバック一覧です: 106,398歩、ソウルの旅(4):

« 北秋津の夏祭り | トップページ | 夏休みの思い出から(1) »