« 夏休みの思い出から(4) | トップページ | 秋の大運動会 »

2006.09.29

106,398歩、ソウルの旅(5)

5月3日。家族三人、おもいおもいに快適な空の旅を楽しんでいるうちに、いよいよ韓国の上空に差し掛かる。眼下に広がる韓国の田舎の景色は、山あり、川あり、田んぼあり、意外なほど日本と似ている。次第にマンションやビルが増え、ソウルの郊外へ。そして金浦空港が姿を現す。大きな揺れもなく怖いほど順調だ。

11時半(ころであったか、もはや記憶も定かではなくなってきた)、予定より30分ほど早く着陸。いよいよ韓国の地に足を踏み入れるときがきた。降機も滞りなく荷物の受取りもトラブルなし。ここまでは順調そのものだったが入国手続きの際に驚かされることがあった。家族三人の先頭をきってゲートをくぐり、係官に英語で話しかけると、明らかに戸惑ったような顔をしたのだ。英語が通じない! 妻から聞かされてはいたが、まさか空港内ですら通じないとは、ここから先は妻の初級韓国語だけが頼り……。もっとも係官の日本語はボクの英語よりはるかに流暢で、手続きそのものにはなんの問題もなかった。

大きな自動ドアを抜けると両脇に多数の出迎えの人々がすずなりとなっていた。旅行会社の小旗を頼りにガイドと合流。朗らかでしっかり者、世話好きそうな様子で、妻の言葉によれば、いかにもオモニ(お母さん)といった感じだ。他のツアー客を待って駐車場に向かう。雲ひとつない五月晴れ。少し暑いくらいだ。ドライバーに手伝ってもらい荷物をボディサイドに詰め込んでバスに乗車。総勢30人ほどだろうか。もちろん全員日本人だ。全部が全部ということでもないだろうが韓流ブームの凄まじさを思い知らされる。

漢河を越えソウル市街に向かう。近代的な街並みのそこここに時代に取り残されたような古い路地、家並みが残り、興味をそそる。オモニ風のガイドは観光案内を交えながら、チェックインの手続きや注意事項の説明、オプショナルツアーや免税店の紹介をそつなくこなしてゆく。達者な日本語だ。そんなガイドの名は李さん。親兄弟とは南北に分かれて暮らしているという。朝鮮の不幸な歴史を伝えたい気持ちでガイドの仕事をしている、そんな言葉が心に残った。

そうこうするうちにロッテホテルに到着。団体客専用ロビーでチェックインを済ませ部屋へ。さすがに少し疲れたけれどお腹もすいたし時間がもったいないので、早速、街に出ることにする。

続きはいずれまた……。

|

« 夏休みの思い出から(4) | トップページ | 秋の大運動会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/12082618

この記事へのトラックバック一覧です: 106,398歩、ソウルの旅(5):

« 夏休みの思い出から(4) | トップページ | 秋の大運動会 »