« 夏休みの思い出から(2) | トップページ | 落語『子別れ』を聞く »

2006.09.04

夏休みの思い出から(3)

8月15日。夏休み第1弾最終日。今年は仕事の都合もあって11日から15日と18日から20日との2回にわけて夏休みをもらった。息子の高校受験を控えて遠出の予定もない身としては手持ち無沙汰にならず却って好都合といったところだ。

行きつけの床屋で散髪。夏らしく思い切り短めに切ってもらった。ブックオフに立ち寄り漫画『バガボンド』の13巻14巻を購入。息子は朝から塾に行ってしまったので、妻と二人、簡単に昼食を済まし、早速、『バガボンド』を読む。13巻、宍戸梅軒こと辻風黄平との死闘は圧巻。14巻はいよいよ小次郎の登場。しばし武蔵の活躍ぶりを読めないのは残念だが、井上雄彦がどのように小次郎の人物像を造形してゆくのか、興味がそそられる。

世間はすっかり夏休みモードだが妻の通う韓国語の授業(目白大学のエクステンション講座)は今日も授業があるという。昼のうちに息子の好物のカレーを煮込み、夕方、妻はいそいそと出かけていった。シャワーを浴びビールを飲みながら息子の帰宅を待つ。

息子と二人で食事をとることはめったにない。どんな話をしようか、テレビはどうしようか、などと思案していると、息子は映画『少林サッカー』のDVDがあるから見よう、と言う。先週の休みにブックオフで安く売っていたのをみつけたらしい。数年前、ツタヤでDVDを借りて家族全員で観た映画だ。自分の小遣いで買うとは安かったからとはいえ、よほど気に入ったのだろう。

妻の煮込んだカレーを味わいながら息子と二人で映画を楽しんでいるうちに夜が更けてゆく。このささやかな幸福感が明日からの仕事の糧になるのか、それとも……。

|

« 夏休みの思い出から(2) | トップページ | 落語『子別れ』を聞く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/11756942

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの思い出から(3):

» "beyond belief" (信じられないほどの):“Vagabond”(「バガボンド」英語版)第5巻より [漫画で英会話.net]
漫画で英会話。“Vagabond”(「バガボンド」英語版)第5巻から。 出会ったことがないタイプの敵手・武蔵の強さに喜びを覚える胤舜のモノローグ。 「殺気」は訳しづらい日本語ですが、“Vagabond”では一貫して"bloodthirst"が使われています。 "killing intent"と....... [続きを読む]

受信: 2006.09.05 07:02

« 夏休みの思い出から(2) | トップページ | 落語『子別れ』を聞く »