« 秋の大運動会 | トップページ | もっとも大切なこと »

2006.10.05

106,398歩、ソウルの旅(6)

5月3日。午後2時ころであったか。投宿先のロッテホテルを出てソウルの街に出る。ここからは妻の初級韓国語と練りに練った観光プラン、そしてガイドブックだけが頼りである。とにかく腹が減っていたし、早く目的地に向かわないと予約の都合もあるので、さっと手早く食べられそうな店を探しに地下街へおりる。しばらく歩くとこじんまりとした軽食堂が目に入る。日本で言えば立ち食いそば屋にあたるような簡単な店だ。妻は少し躊躇していたが、まぁ、とにかく入ってみよう、なんとかなるさ、と背中を押す。

昼食にはやや遅い時間だったせいか、5~6席のテーブル席には客の姿はなく、カウンターに1人、初老の男性が麺類をすすっているだけだった。カウンターの中から、これまたオモニ風のおばさんがなにやら声をかける。早くて聞き取れない、妻はこころなしか青ざめた様子。とにかくテーブル席に座を占めメニューを開く。マンドゥ(ワンタンのようなもの)の入ったラーメンと韓国海苔巻き(キムパプ)を注文する。妻の韓国語はちゃんと通じたようでカウンターの中のおばさん2人、せっせと手を動かし始める。男性客がなにやら店員の2人に話しかける。日本人の観光客がくるとは驚いたなぁ、とでも言っているのだろうか。

韓国の海苔巻きは酢飯ではなく、かわりに胡麻油がきかせてある。ラーメンはインスタントラーメンのような揚げ麺だ。スープはもちろん真っ赤で辛い。しかしこれがうまいのだ。家族3人、汗を拭き拭き、あっという間に平らげてしまった。ボクはもとより小洒落た気取った店よりも肩の凝らない庶民的な感じの店の方が好きだ。料金の心配をせずに安心して食べられるし、たいていはそういう店の味の方がボクには合う。それになんとなく他の客や店の人との間の敷居が低そうな感じがする。この店はどうやら息子の味覚にもあったようで、明日もここにこよう、と言う。せっかくソウルにきたのだから、さすがにそれはどうかと思うが、またふらっと立ち寄りたくなる店ではあった。

続きはいずれまた……。

|

« 秋の大運動会 | トップページ | もっとも大切なこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/12158536

この記事へのトラックバック一覧です: 106,398歩、ソウルの旅(6):

« 秋の大運動会 | トップページ | もっとも大切なこと »