« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.21

ジャガイモ、夕日、そして硫黄島

12月9日。四川風蒸ジャガイモを食べながら映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を観る。先日、日本テレビで放映された折に録画しておいたものだが、なかなか家族そろって観るチャンスがなく今日までほっておいてしまった。なんとも言えない懐かしさを醸し出す映像と人情味にあふれた心温まる物語が家族で食べる暖かい食事とマッチしていて、とても幸福な気分になれた。

9時からはフジテレビのドラマ『硫黄島 戦場の郵便配達』。8月のNHKスペシャル『硫黄島玉砕戦 生還者61年目の証言』では戦場の悲惨な現実を痛感させられたが、このドラマでは、戦火の最中にあっても決して失われることのなかった、家族や恋人、友人など、愛する人々への兵士たちの想いに切なく胸をうたれた。その兵士たちの想いを運びたい一心で本土から危険な戦場に向かうパイロット・根本少尉、不本意な戦いを強いられながらも最後まで兵士たちとともに戦いぬいた市丸少将の姿も感動を誘うものだった。

このドラマを取り上げた読売新聞の「試写室」に「肝心の戦闘シーンは迫力不足だ」と書かれていた。一体、このドラマに記者は何を期待していたのだろう。このドラマの「肝心」は戦場にあっても愛する人々を想い続けた兵士たちの姿ではなかった。戦闘の最中においても、そして捕虜となって生き延びた終戦の後までも、兵士たちの想いを家族に届けることに生涯を捧げた根本少尉の姿であり、玉砕の覚悟を決め、終戦後は平和に貢献せよとルーズベルトに手紙を書き送った市丸少将の姿ではなかったか。迫力満点の戦闘シーンなどというものはハリウッド映画にでもまかせておけばよかろう。もっともボクにしたって老いてなおカッコいい藤竜也にはシビレまくりで人の揚げ足などとれた義理でもないが……。

ふと「平和ぼけ」という言葉が頭に浮かぶ。いやな言葉だ。暖かなマイホーム、快適なオフィス、そのような場所で「硫黄島」を観ることは、結局、迫力満点の戦闘シーンを期待したり、藤竜也にシビレたり、そういうことでしかないのかもしれない。だが、それでもやはり、いや、だからこそ、戦争について知ることは必要なのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.15

四川風蒸ジャガイモをつくる

12月9日。雨。今日は一日中、降り込まれることになるだろうと覚悟を決め、以前から作ってみたいと思っていた料理に挑戦することにした。もう三~四年前になろうか、とある四川家庭料理の店で食べた蒸ジャガイモだ。花椒と唐辛子を利かせた鋭い辛さと鶏スープの濃厚な旨み、たった一度しか食べたことがないが忘れられない。いつか、あの味を再現してみたいとずっと思っていたのだ。

雨ニモ負ケズ、近所のスーパーに鶏肉と花椒を買いに行く。ついでにあれこれ日用雑貨を買ったら、すっかり大荷物になってしまった。家についた頃には寒さと疲労と空腹で少々気力が萎えてしまったが、家族三人で暖かい昼食を食べているうちにすっかり回復。さっそく下ごしらえを始めることにした。

まずはジャガイモの皮をむき、火が通り易いよう半分に切る。長ネギは3~4センチくらいの棒状に、ついでに白菜とニンジンも大きめに切って蒸してみることにする。ニンニクは6片、皮をむいてそのまま。唐辛子はタカノツメを6本、これも刻まずそのままで。さすがにショウガばかりはそのままというわけにもいかないので、厚めの薄切りにした。鍋は電気グリルなべを使用。新婚時代から使っている年季入りだ。冬はもちろん鍋モノに、それ以外の季節も焼肉、お好み焼き、鉄板焼き等々、年中、大活躍である。ここに下ごしらえした野菜をならべ塩と花椒をふりかける。火の通りやすい白菜は後から入れることにしザルにとっておく。あとは水少々と粉末鶏ガラスープ。

さて、ひと休み。風呂を浴び、新聞のテレビ欄を見ると、太平洋戦争時の硫黄島での激戦を題材にしたドラマ『戦場の郵便配達』が放映されるとのこと。これを食後の楽しみに料理の仕上げに取りかかる。鶏肉はブロックの胸肉にした。これを二つ割に切って塩と花椒をすり込み野菜の上に載せる。厚手のガラスのふたをしてスイッチを入れ、後はジャガイモに火が通るのを待つばかりだ。

妻と息子が風呂から上り食卓に全員揃ったころには肉も野菜もすっかり火が通っている。ふたを取ると湯気と共に野菜と鶏ダシ、そして花椒の香りが巻き上がる。白菜を載せて最後のひと蒸し。大きなままの肉と野菜をめいめいの皿に盛って「いただきます」。ナイフや箸で切り崩しながら食した味は、店で食べたものにはとうてい及ばなかったが、それでも十分に旨い。ビールにもご飯にもよく合い、妻も息子も喜んでくれた。

この料理が我が家の定番となるかどうかは気まぐれなボク次第ではあるが、すっかり鍋がカラになった時、今度、作るときはもっと唐辛子と花椒を利かせなきゃ、って思ったところを見ると脈ありかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.12.08

106,398歩、ソウルの旅(10)

5月3日。さて、ここからはしばし息子と二人旅である。大通りに戻りスターバックスへ向かう。時間のゆとりができたせいか、さっきまで余り気にも留めていなかった周りの様子が目に入いるようになってきた。改めて観察してみると日式と書かれた高級そうな日本料理屋が多い。小洒落たブティックやアクセサリーショップなども目立つ。

もっともボクらの目を引いたのはクルマ。さすがにヒュンダイが多いがベンツやBMWなどのドイツ車、トヨタやニッサン、ホンダなどの日本車も少なくない。そんな話をしながら歩いていると、街の様子がますます華やかに賑わってきた。いよいよ狎鴎亭の中心地にさしかかったらしい。大通りのこちら側にもあちら側にも日本車を含めた外車のショールームが乱立している。ちょっと覗いてみたい気がしたが息子に断られてしまった。少々疲れが出たのか、早くスターバックスに行こうと言う。

見慣れた緑の看板がようやく見えてきた。ビルの2階、自動ドアを抜けカウンターに向かう。英語で話しかけてみたところ、さすがはスターバックス、きちんと通じた。普段ならエスプレッソかブレンドを注文するところだが、小腹がすいて糖分がとりたかったのでキャラメルマキアートにした。アイスクリーム好きな息子はフラペチーノ。コーヒーの味が分かるようになるには未だ早いらしい。

ここから見下ろす街並みは正に繁華街。だが真下の歩道には小さな小屋がいくつか立ち並んでいてちょっと違和感を感じさせる。ニューススタンドか軽食の屋台か、そういったところだろう。息子はちょっと飽きてしまった様子。話しかけてもあまりのってこない。少しや休ませてやろうと、そっとしておいたら、デジタルカメラで窓の外を撮りはじめた。そうこうするうちに約束の時間が迫ってくる。妻も小腹をすかしているだろうと、おやつにカウンターでチョコレートを買い外に出た。

続きはいずれまた……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

106,398歩、ソウルの旅(9)

5月3日。刺繍博物館を出たボクらは強面男たちに目もくれず、もと来た大通りへと急いだ。5分ほどで大きな交差点。ここを左折すると街の雰囲気が微妙に違う。どことなくあかぬけた感じ、ほどよく趣味よく高級感を漂わせているのだ。狎鴎亭という街らしい。東京なら赤坂や青山にあたる流行発信地だそうだ。ゆっくり散策するにはもってこいの街並みだが、今は先を急がなくてはならない。本日のメインイベントの予約の時間が迫っている。

大通りを左に切れ路地に入る。間に合った。ここがお目当てのパークBOF、ヨン様ファンの聖地である。ペ・ヨンジュンの所属事務所BOFの旧社屋を改装した言わばぺ・ヨンジュン記念館だ。ドラマ『冬のソナタ』をきっかけに韓国好きとなった妻にとっては、ソウルに来た以上、必ず訪問しなくてはならない場所。いや、この旅の最大の目的の1つと言ってもいいだろう。

門の周りには明らかに日本人と思わしき観光客が数名、デジタルカメラで記念写真を撮っている。どうやら予約せずに来たために入館できなかったらしい。ボクらが門をくぐりぬける様子を羨ましげに見送っている。さて、その門の内側は思いのほか狭く、小さな庭と左手に2階建ての建物があるだけだ。建物もさほど大きくはない。ちょっとした郊外のカジュアル・レストランといった趣きである。

妻は庭に置かれた四輪駆動車を見つけると急いで駆け寄った。そばにあった標識を見ると映画『四月の雪』の撮影に使用された車だという。カメラを取り出し妻と車とのツーショットをフィルムに納める。この旅には普段使っているデジタルカメラに加えて銀塩一眼レフを持ってきた。大切な写真はやっぱりフィルムで撮りたいから……妻の強いこだわりである。

入り口で受付を済ませ館内に消えてゆく妻を見送り、ボクと息子は二人、パークBOFを後にした。ガイドブックで近くにスターバックスがあることを確認、ボクらはそこで1時間ほど休憩を取り、その後、再びここで妻と落ち合うことにしたのだ。韓国語がまるっきり分からないボクらだけでも、スターバックスならなんとかなるだろう。そう思ってのことである。だが、しかし、もしもスターバックスがなくなってしまっていたら……、まぁ、そのときはそのとき、散歩でもしていれば1時間くらいすぐに過ぎてしまうだろう。いつの間にやらボクの心配性も影が薄れ、韓国的なケンチャナヨ(大丈夫、なんとかなるの意)精神が芽生えてきたようだ。

続きはいずれまた……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.12.01

106,398歩、ソウルの旅(8)

5月3日。午後3時半頃であったか、鶴洞駅に到着。階段を昇ると大通りに出た。この辺りはオフィス街といった感じであろうか。屋上に大看板を掲げたビルが目立つ。しばらく歩道を進むと街並みには似合わぬ屋台があった。見ると大きな鍋のなかでドロっとした真っ赤なソースがグツグツ煮えている。ガイド本で見たトッポギだ。棒状の餅「トック」をコチュジャンで甘辛く煮たものだと書いてあった。韓国人なら誰もが好む庶民的なおやつだそうである。鍋から漂う牛ダシと唐辛子の香りが食欲をそそる。後ろ髪を惹かれる思いがしたが先を急がねばならない。なにしろ予約の時間がある。

屋台を通りすぎ脇道に入る。更に歩くこと数分、道を渡り右側の路地に入る。黒塗りの外車が数台、その周りには屈強そうなスーツ姿の男が数人たむろしている。ヤバイところに来てしまったかな、一瞬、緊張が走る。近くのビルの看板に目をやると英語でボディガードと書いてあった。それなら大丈夫か、ホッと息を呑む。強面男たちの脇をすり抜け、古いビルの入り口に入る。狭い階段を上るとガラス扉があり、いかにも診療所といった様子の受付が目に入る。本当にここなのだろうか? しかし妻は少しも躊躇せずに扉を開く、ボクには読めないハングル文字の表札に刺繍博物館と書かれていたのだろう。

妻が受付の女性と二言、三言、言葉を交わすと、その女性は「こちらです」とばかりボクらを別室に案内してくれた。妻の韓国語はちゃんと通じているようだ。なんとも心強い。別室に入ると、そこは照明も暗めで、いかにも博物館らしい落ち着いた雰囲気。伝統的な刺繍が施された衣類や掛けもの等の布製品、韓国式パッチワーク「ポジャギ」、などなど数多くのアンティークが展示されている。

ひと通り鑑賞を終えて出入り口に向かうと一人の男性が立っていた。恐らく館長さん、というか診療所の院長先生が趣味で集めたアンティークを公開している、といったところだろう。ガイド本で覚えた韓国語で挨拶すると、案の定、写真集や小物などを土産にどうかと勧めてくる。折角だから欲しいものがあったら買ったら、と妻に促したが、先を急ぎたい様子で、特にいいわ、と答える。そうだ、予約の時間が迫っているのだ。次の行き先がメインイベントだとすると刺繍博物館は前座に過ぎない。ボクらはそそくさと博物館を後にして次の目的地へと急いだ。

続きはいずれまた……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫の知らせか……

11月30日。午後8時半、今日も遅くなってしまった。疲れた体を引きずり家路を急ぐ。ふと軽い読み物が欲しくなり滅多に立ち寄ることのない駅前のコンビニに入る。これといって目当てはない。ただ電車の中で頭の休まるような本を読みたいと思っただけだ。他に用もないので、すぐに書籍コーナーに向かう。するとそこには『頭文字D』の34巻が並んでいるではないか。待ちに待った新刊が多忙に紛れ気づかぬうちに発売されていたのだ。レジで支払を済ませ急いで改札を抜ける。ひと気もまばらな夜のホームで、早速、ページを開く。3ヶ月振りに読む公道バトルの世界。そのスリル、迫力、緊張感を満喫する。所沢に着くまでに2回も読み返してしまった。あぁ35巻が待ち遠しい。

ふと思い立ってコンビニに寄ったおかげで思わぬ収穫を得たわけだが、あれはやはり虫の知らせだったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »