« 宮本武蔵 | トップページ | 106,398歩、ソウルの旅(14) »

2007.02.19

106,398歩、ソウルの旅(13)

※「106,398歩、ソウルの旅」は昨年のゴールデンウィークに家族三人でソウルを訪ねた旅の記録です。

5月3日。ロッテホテルを出て夜のソウルに繰り出す。ソウルは眠らない街だと妻から聞いていた通り、街路には人があふれ昼間よりよほど多いくらいだ。トッポギやおでんの屋台が軒を連ね道幅を狭くしていることも混雑を助長している。ロッテデパートを過ぎヤングプラザの前から地下道に入る。地下のショッピング街もかなり面白そうなのだが、なにしろ腹が減っていることもあって先を急ぐことにした。目指すは明洞(ミョンドン)。若者や家族連れ、また夜は仕事帰りのサラリーマンが多い庶民的な繁華街なのだそうだ。東京で言えばさしずめ池袋や新宿のようなところか。

地下道を抜けると風景が一変した。ロッテデパートの界隈はどことなく華やかさが感じられたが、このあたりはもっとむき出しな感じ、猥雑な感じを帯びている。東西に伸びた街路の左右に衣料品やアクセサリーの店、ゲームセンターやインターネットカフェの類、そして様々な飲食店が立ち並ぶ。引き売りや屋台も少なくない。この街路と交差して4つの通りが南北に走り、また通りと通りとの間を幾筋もの路地がつないでいる。明洞の繁華街はこのように網目状に広がっているのだ。

4つ目の角を右手に折れ南に向かう。このあたりには予めガイドブックで目星をつけておいた店がいくつかある。曲がってすぐ右側に明洞餃子、左側には民俗居酒屋が何軒か並んでいる。その先の右側には海鮮鍋横丁と呼ばれる路地がある。ボクはこの横丁のオモニチプという店で海鮮鍋が食べたかったのだが、路地の入り口から店の様子を伺ったところで妻と息子からNG。いかにも路地裏といった雰囲気がお気に召さなかったようだ。

少々北に戻り明洞餃子に腰を落ち着けることにした。メニューは3つだけ。しかも全て同料金というシンプルなものだ。餃子(ワンタンのようなもの)と大量の揚げニンニクが入った韓国ウドン・カルグクス、大豆スープの冷麺・コングクス、そして肉まん風のマンドゥ、どれもうまそうだ。しかも、なにを注文してもライスとキムチは無料サービス、おかわり自由。これで600円程度というのだから安い。ボクらはそれぞれカルグクスを1ぱいずつ、それからマンドゥ1皿をシェアすることにした。

店内はほぼ満席。あちらこちらから、にぎやかな話し声と麺をすする音が聞こえてくる。ビールがないのが残念だが、それは後のお楽しみにとっておこう。席に着くとほどなくキムチをもってきてくれる。あまり発酵の進んでいない酸味の少ないものだ。これがなんとも辛い。辛いが実にうまい。普段はキムチを食べない息子も喜んでパクついていた。やっぱり本場のキムチは違う、などとナマイキなことを言いながら……。

後で分かったことだが彼のナマイキもまんざらではなかったようだ。ソウルで食べたキムチの殆どがこうした酸味の少ないものだったのだ。ボクのイメージでは本場のキムチというとしっかりと発酵しているものなのだが、どうやら近頃のソウルっ子の好みは息子と近いらしい。また帰国後、妻が韓国語教室の先生に聞いたところでは、明洞餃子のキムチは韓国人にとってもそうとう辛く、なかには食べられない人もいるのだそうだ。ひとくちにキムチと言っても、さすがは本場、なんとも奥が深い。

そうこうするうちにマンドゥとカルグクスが運ばれてくる。マンドゥは皮がもっちりしていて肉まんというよりも小籠包や蒸し餃子に近い感じ。カルグクスは上品な鶏だしのスープで想像していたよりもあっさりしている。これがとびきり辛いキムチとよくあう。ご飯と一緒に頂いてもおいしいだろうなぁ、と思うのだが、ダイエット中の身としては我慢せざるを得ない。

続きはいずれまた……。

|

« 宮本武蔵 | トップページ | 106,398歩、ソウルの旅(14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/13832743

この記事へのトラックバック一覧です: 106,398歩、ソウルの旅(13):

» 餃子のレシピと作り方〜宮廷風に挑戦!〜 [餃子のレシピと作り方〜宮廷風に挑戦!〜 ]
自転車通勤で運動不足解消?(でも駅からだけでど(… [続きを読む]

受信: 2007.02.24 00:01

« 宮本武蔵 | トップページ | 106,398歩、ソウルの旅(14) »