« 106,398歩、ソウルの旅(13) | トップページ | 2月の読書録から »

2007.02.26

106,398歩、ソウルの旅(14)

※「106,398歩、ソウルの旅」は昨年のゴールデンウィークに家族三人でソウルを訪ねた旅の記録です。

5月3日。明洞餃子で夕食を済ませ。しばし街歩きを楽しむ。たとえば原宿・竹下通りや池袋・サンシャイン通り、東京にもありそうな店が多いが、どこかが微妙に違う。全体に値段が安いように思われるし、店員と客との距離感も近い感じがする。それに商品もなんとなく韓国っぽい。そこがいい。もちろん、それ以上に楽しいのは、これぞ韓国、といったお国柄を感じさせるような店。もっとも大分、夜も更けてきたし、足も疲れてきたので、そろそろホテルに戻ることにする。

道すがらセブンイレブンに立ち寄る。朝食は前日のうちにコンビニで買っておく、妻は前からそう決めていたのだという。確かに、毎食毎食、韓国料理を食べていたら、さすがに飽きそうだし、もしかすると辛さで胃をやられてしまうかもしれない。もちろんコンビニのほうが経済的だし、三人それぞれ好きなものが食べられる。なかなか合理的な選択だ。

セブンイレブンは店内の様子も品揃えも日本と大して違いがない。でもやはり微妙に違っていて、そこがやっぱり面白い。パン、おにぎり、ジュース、お茶、チーズ、ゆで卵、カップラーメン、などなど、それぞれ好きなものをピックアップしながら店内を巡る。もちろん夕食時に呑み損ねたビールも忘れない。ボクは現地の代表的な銘柄・HITEビールを選んだ。それからミネラルウォーターとティーバック。ホテルの部屋でお茶が飲めないと寂しいし、水は明日、持ち歩く分も必要だ。おっと、おやつも買っておかないと……。なんだか本当に「経済的」なのか、ちょっと疑わしくなってきた。

大きなコンビニ袋をぶら下げてホテルに戻る。先ずはそれぞれの寝床を決める。柔らかいベッドの苦手なボクはあえてエキストラベッドを希望。これが後に仇となるのだが、それは次回の話としよう。つづいて順繰りに入浴。ボクと妻は湯上りビールを楽しみながら、息子はスナック菓子を頬張りながらソウルの街の印象を語り合う。

話も尽きてきたところでテレビをつける。驚いたことに日本語が飛び込んできた。NHKの衛星放送だ。『BSアニメ夜話』という番組で『王立宇宙軍――オネアミスの翼』という長編アニメ映画が紹介されていた。特に興味があったわけではないが制作時のエピソードなど、思いのほか面白く、息子と二人ついつい見入ってしまった。が、テレビを見ながら夜更かしをしている場合ではない。明日も早朝からたっぷりソウルを歩き回るのだ。

かくしてソウルの旅の最初の一日が終った。万歩計を見ると29356歩。よくもまぁ歩いたものだ。

続きはいずれまた……。

|

« 106,398歩、ソウルの旅(13) | トップページ | 2月の読書録から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/13972023

この記事へのトラックバック一覧です: 106,398歩、ソウルの旅(14):

« 106,398歩、ソウルの旅(13) | トップページ | 2月の読書録から »