« 見方を変えれば | トップページ | 106,398歩、ソウルの旅(13) »

2007.02.07

宮本武蔵

1月22日。司馬遼太郎の『宮本武蔵』を読む。主人公の武蔵をはじめ、日ごろ読み親しんでいるマンガ『バガボンド』で馴染みの登場人物ばかりだが、『バガボンド』で描かれた人物像とは大きく異なっていることに興味を覚えた。司馬の描いた人物像が史実を踏まえたものだとすれば、『バガボンド』のほうは創作の要素が大きい。そのどこまでを原作、吉川英治の『宮本武蔵』に負っているのか、どこからが井上雄彦の独創なのか、ちょっと気になってきた。いよいよ吉川の武蔵に手を出すときか? とはいえ確か文庫で8冊くらいあったよなぁ……。うーむ。

|

« 見方を変えれば | トップページ | 106,398歩、ソウルの旅(13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/13638938

この記事へのトラックバック一覧です: 宮本武蔵:

« 見方を変えれば | トップページ | 106,398歩、ソウルの旅(13) »