« 今日も嫌な夢を見た | トップページ | 挑戦!3時間走 »

2007.07.31

石田徹也遺作集を見る

7月14日。ふと石田徹也の絵が見たくなって図書館で石田徹也遺作集(求龍堂)を借りる。石田の作品はいずれも超現実主義的な手法で日常に潜む不安や不条理、閉塞感といったものを描いている。しかし声高に暴き立てるのではなく、ユーモアやノンセンスな感覚も感じられる。だからだろうか、見ていると心がざわついて胸が苦しくなるほど悲しいのに、それでも見ずにはいられない不思議な魅力がある。

|

« 今日も嫌な夢を見た | トップページ | 挑戦!3時間走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/15822229

この記事へのトラックバック一覧です: 石田徹也遺作集を見る:

« 今日も嫌な夢を見た | トップページ | 挑戦!3時間走 »