« 久しぶりの『頭文字D』 | トップページ | 映画『大停電の夜に』を観る »

2007.10.25

なんとなく甘酸っぱい想い

10月6日。息子が通う高校の文化祭に妻と二人で行ってみた。どこもそうだというわけでもないのだろうが、自分の知っている限り概ね男子校は文化祭が盛大で体育祭は盛り上がらない。文化祭は女の子と出会うチャンスだが体育祭は野郎ばかりで張りきる動機がない、というわけだ。ボクが通っていた高校もそうだったし、息子のほうも例に漏れずのようである。ましてイマドキの文化祭、ボクらのころよりも遥かに華やかに、遥かに軽薄に(偏見かな?)、ボーイ・ミーツ・ガールな雰囲気があふれている。

校門で光沢紙にフルカラー印刷の贅沢なつくりのパンフレットをもらい、音楽系のクラブの発表を中心に回ることにした。吹奏楽、合唱、古典ギター、軽音楽、それぞれ技量の差はあるものの、一所懸命さが伝わってきて楽しかった。そのほかには地学部や生物部、美術部の展示を回ったが、来客こそ少なく閑散としているもののなかなか本格的な内容であった。気になったのは文芸部の展示が見当たらなかったこと。活動していないのか、存在すらないのか、ボクらのころとは世の中ずいぶん変わってしまったようだ。

息子が所属するコンピューター研究部の展示には近づくことすら禁止されており観ることができなかった。後で聞いた話ではOBが数人来てくれて、マックのハンバーガーをなんと100個も差し入れしてくれたそうだ。山と積まれたハンバーガーを部員一同ですっかり平らげたと言うのだから、男子高校生の食欲、恐るべしである。

男子校の文化祭。自分の青春時代が思い出され、また息子もそのような歳になったのだと実感させられ、なんとなく甘酸っぱい思いがした。息子よ、音楽にコン研、アニメもよいが、ボーイ・ミーツ・ガールのほうもほどほどにはがんばっておけ……。

|

« 久しぶりの『頭文字D』 | トップページ | 映画『大停電の夜に』を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/16785662

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく甘酸っぱい想い:

« 久しぶりの『頭文字D』 | トップページ | 映画『大停電の夜に』を観る »