« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.13

義母(はは)を悼みて

11月13日。久しぶりに現代詩フォーラムに投稿。3月の末に義母が亡くなってから新盆を迎える頃まで、ボクは句作にいそしむことで哀しみと喪失感を紛らわしていた。その頃の作品から12句を選び「義母(はは)を悼みて」と題する小句集としたのだ。各句の由縁も合せて書き留め改めて義母を偲ぶ縁としたい。

春の雷母の遺せし管四本
風光れ母は遺せし金の尿

義母が亡くなったのは3月30日のこと。折からの雨が一層はげしさをまし、散りぎわの桜を容赦なく叩いていた。遠くに雷も聞こえる春の嵐の夕暮れ。家族に見守られながら義母は静かにこの世を去った。義母の身体には点滴に酸素、蓄尿バッグなど、4本もの管が繋がれていた。

初つばめ月命日の軒かすめ
旅やつれ運ぶ疾さや初燕
4月30日、初月忌。連休の狭間だったが有給休暇をもらい妻と二人で妻の実家を訪ねた。途中の商店街を燕が低く飛んでいた。義母は毎日、この商店街で買い物をし、近所の友達とおしゃべりをしていた。妻の実家に着くと軒先を燕がかすめてゆく。旅を終えたばかりの痩せた燕だ。

枇杷実る月命日も二度目かな
5月30日、二度目の月命日。とはいえ仕事の都合がつかず、いつものように会社に向かう。電車の窓から外を見ていると線路脇の枇杷の木の実が色づき始めていた。

ほととぎす亡母も天辺駆けをるか
6月1日、週末のランニング。いつものように八国山を走っていたら「テッペンカケタカ」とホトトギスの声。ウグイスの鳴き音やコゲラが木を打つ音は珍しくないが、さすがにホトトギスはめったに聞けない。「お母さんはここにいるよ」と空から教えてくれたように思われた。

入梅や自由と書いてみたくなり
義父ひとり衣更ふ日も延べしまま
6月3日、梅雨入り。なんとなく鬱屈した気持ちに追い討ちをかけるような天気だ。早めに家に戻り食卓に着くと、近々、実家に行って父の様子を見てくる、と妻が言う。夏物のシャツがどこにしまってあるのか分からないと電話があったそうだ。

手向けしは螺髪の如き花あぢさゐ
6月7日、庭のアジサイの花を義母の遺影に供える。葬儀のときに使った写真を焼き増ししてもらったものだ。去年の敬老の日に皆で食事に出かけ、たまたまボクがシャッターを切った1枚。その時はまさかこんなことになろうとは少しも思わなかった。

五月雨や普及於一切濡らしゆく
6月29日、百日忌法要。墓石の完成が遅れたため納骨も兼ねることとなった。柔らかく降りそそぐ雨の中、墓前に僧侶の経を読む声が響く。「普及於一切」は読経の功徳が全ての衆生に及ぶことを祈る「回向偈」の一節。思えば義母も周囲の全ての人を思いやる人だった。

汗拭ふ義父の庭べに夏蝶来
新盆や亡母の御前に酔ひ伏して
7月13日、新盆の集まりのため妻の実家へ。ボクたち一家三人が到着したとき義父は庭で草花の手入れをしていた。汗を拭いながら居間に上がってきた義父に挨拶をしていると庭にクロアゲハが舞い込んできた。蝶は亡くなった人の魂が姿を変えて現れたものと言われる。

義父と義兄一家そしてボクたちの計八人で会食。義母の思い出を和やかに語り合ううちに義父とボクは少しばかり酒が過ぎてしまい、「おかあさんがいつも心配してたでしょう」と二人して妻から小言を食らってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.07

あたってしまった……

11月7日。東京マラソン2009当選のメールが届く。今年の大会も当選したが腰痛で出走を断念。まさか連続で当たるとは!

が、しかし、喜び半分なのだ。残り半分は不安。今年も夏に膝痛、秋に腰痛で走り込みが足らない。初のフルマラソン挑戦に万全の態勢で臨めるか……残り5ヶ月に賭けるのみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.05

矮猫亭・2008年8月

8月以来ほとんど何も書けない日々が続いている。暴力的なほど目まぐるしく過ぎる時を前に呆然と立ちすくんでいる。そんな感じだ。いったい出口はどこにあるのだろう。まずは手帖を頼りに迷路のような日々を思い返すことから始めてみようか。



1日。松本圭二の詩集『アストロノート』(「重力」編集会議、2006)を読む。あっぱれ帝王氏から「ブログでつくる詩人名鑑」にリクエストを頂き早速ネタを仕込むために読んだのだが……その余りにも(ボクにとっては)衝撃的な「あとがき」に言葉を失う。いずれリベンジをと誓いながらページを閉じる他なかった。

2日。所沢整形を訪ねる。先日から右ひざの内側が痛くて思うように走れない。やむなくトレーニングを休み受診することにした。診断は変形性膝関節症いわゆるOAだ。昨シーズンは腰痛でフルマラソン初挑戦をふいにしたが、今度は膝に妨げられるのか?

3日。ランニングはしばしお預け。かといって家にこもっているのも気詰まりだと久しぶりに庭の手入れをすることに。芝を刈りチャボヒバの剪定を行なう。だが、しゃがむたびに膝が痛み、これでは却って走るよりも膝痛を悪化させてしまいそうだ。

7日。夏休み初日。久しぶりに妻と二人で出かける。池袋の街を散策しハゲ天で昼食。映画でも観ようかと思ったが、これといって観たい作品もなく、結局ビックカメラで買い物して帰ることに。それでも少しはデート気分(?)。

9日。一昨日のデートもどきがたたったか、あるいは昨日の五輪開会式にあてられたか、妻は偏頭痛でダウン。日ごろの罪滅ぼしとばかり洗濯をしたり買い物に行ったり家事にいそしむ。夕飯は息子のリクエストにより餃子。「ギョウザの満州」で生餃子を山ほど買い家で焼いた。その頃には妻の頭痛も治まり、一転、餃子パーティの趣き。

10日。せっかくの夏休み、一日くらいは家族全員で出かけようと浅草へ行く。お目当ては浅草演芸ホール。笑点でおなじみの春風亭昇太が「ちりとてちん」を熱演し圧巻。また桂米丸の「風呂屋は楽し」もほのぼのと更に懐かしさも相まって文字通り楽しい作品だ。最後は三遊亭小遊三の率いるディキシーランド・ジャズ・バンド「にゅうおいらんず」の迷演奏。

順番が前後し、ついで参りのようになってしまったが浅草寺にも立ち寄った。もちろん、これまでも幾度か参詣したことはあるが、これほどゆっくり寺内をめぐったことは初めてだ。帰りは巣鴨に寄り韓国館で食事。本当は別の店に入いるつもりで巣鴨までわざわざ足を運んだのだが生憎の満席。そこで止むなく初めての店に飛び込んでみたのだが、リーゾナブルな値段で美味しい肉をたっぷり頂くことができ大満足。

14日。7日から6連休の夏休み明け2日目。昨日も慣らし運転に留まったが今日もなかなかエンジンがかからず、けっきょく早めに帰ることにした。ビールもどきで晩酌を楽しんでいたところ、9時からテレビで『キサラギ』(日本、2007)という映画があると、妻。気になりながら見損ねていた映画だから是非と言う。取敢えず付合ってみるかと余り期待もせずに観てみたが、これがなかなかの快作。笑いありサスペンスあり心に火の灯るような仄かな温かみまで。脚本と演技、演出、映像がしっかりと組み合い独特の世界を作り上げている。

15日城平京の『小説スパイラル―推理の絆―ソードマスターの犯罪』(エニックス、2001)を読む。めったに読まない小説それもライトノベルである。高校生の息子に奨められて読んでみたのだが、まぁ、それなりに楽しませてもらった。

20日。山本勉の『仏像のひみつ』(朝日出版社、2006)を読む。もともと子供向けの企画展示を本にまとめただけあって平易で分かりやすく、それでいて大人にとっても興味深い内容である。また妻の死に触れた「あとがき」が切なく美しい。

30日。義母の五度目の月命日。義父と妻と三人で墓参。



ところで8月といえば北京オリンピックを抜きにしては語れない。壮大な開会式に始まった2週間、ボクも日本選手の活躍から目が離せなかった者の一人だ。なんともすさまじい求心力である。暴力的とさえ言えるだろう。猛暑にもゲリラ豪雨にも劣らないなほどの……。

さてテレビに釘付けにされた競技といえば、柔道、レスリング、卓球、水泳、マラソン、ハンマー投げ等々、数え上げればキリがない。中でもとりわけ印象深かったのが男子水泳400メートルメドレーと男子陸上の同じく400メートルリレーだ。個人競技が基本の水泳や陸上だが、そこに団体戦の面白さが加わったリレーには独特の魅力がある。ことに今季で引退が確実視されていた朝原宣治のゴールシーンは感動的だった。

塚原、末続、高平、そして朝原。日本の短距離走者を代表する彼らの走りを見ていたら無性に100メートルが走ってみたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »