« あら玉の年のはじめの七くさを | トップページ | なんとかかんとか30キロ »

2009.01.29

『墨汁一滴』を読む

1月9日。『墨汁一滴』(正岡子規、岩波文庫)読了。子規がその死の前年、約6ヶ月にわたって新聞『日本』に連載した同名の随筆をまとめたものである。子規は執筆の動機をこんな風に書いている。

年頃苦しみつる局部の痛の外に左横腹の痛去年より強くなりて今ははや筆取りて物書く能はざるほどになりしかば思ふ事腹にたまりて心さへ苦しくなりぬ。かくては生けるかひもなし。はた如何にして病の牀のつれづれを慰めてんや。思ひくし居るほどにふと考へ得たるところありて終に墨汁一滴といふものを書かましと思ひたちぬ。

原稿用紙に吐きだされることで名随筆に結晶した腹にたまっていた「思ふ事」は、身の回りの事物や過去の回想から、俳論・歌論といった文学論、社会批評、ショートショート風の小品までと、実に幅広く、しかも「雑多な羅列」に堕していない。粟津則雄は文庫版の「解説」に「病床にあって毎日一回ずつ書くという条件」が「子規という人を全体的に生かすための格好の場」を提供し、「なまなましい批評的場を形成」したとしている。
一 人間一匹
右返上申候時々幽霊となって出られ得る様以特別御取計可被下候也
 明治三十四年月日                      何 が し
     地水火風御中

「四月九日」の作品。徐々に容態が悪化し死を覚悟しながらも自己観察、自己批評とユーモアを忘れない子規の強靭な精神が感じられる。

|

« あら玉の年のはじめの七くさを | トップページ | なんとかかんとか30キロ »

コメント

自己コメントです。というか、いちおう詩のブログらしく、創作のコツみたいな記述を2つばかり引いておきたいと思います。

「自分の俳句が月並調に落ちては居ぬかと自分で疑はるるが何としてよきものかと問ふ人あり。答へていふ、月並調に落ちんとするならば月並調に落つるがよし、月並調を恐るるといふは善く月並調を知らぬ故なり、月並調は監獄の如く恐るべきものに非ず、一度その中に這入つて善くその内部を研究し而して後に娑婆に出でなば再陥る憂なかるべし」

深いですね。失敗を恐れるなら、失敗から学び失敗を繰り返さないために、むしろ失敗したほうが良い、ということでしょうか。

「一字の助字「や」と「も」とがどう間違ひたりとて句の価にいくばくの差をも生ずる者にあらず、そんな出過ぎた考を起さうよりも先づ大体の趣向に今少し骨を折るべし。大体の趣向出来たらばその次は句作の上に前後錯雑の弊なきやう、言葉の並べ方即ち順序に注意すべし。かくして大体の句作出来たらばその次は肝心なる動詞形容詞等の善くこの句に適当し居るや否やを考へ見るべし。これだけに念を入れて考ふれば「てにをは」の如き助字はその間に自らきまる者なり。」

う~む。俳句のような短詩形文学においても、やはり先ずは構想が大事ということでしょうか。考えさせられます。

投稿: ならぢゅん | 2009.01.30 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/43881274

この記事へのトラックバック一覧です: 『墨汁一滴』を読む:

« あら玉の年のはじめの七くさを | トップページ | なんとかかんとか30キロ »