« なんとかかんとか30キロ | トップページ | 1月の読書録から »

2009.02.05

新宿を走る

1月25日。新宿シティハーフマラソンに出場。ここのところ不慣れなLSD(長時間、スローペース、長距離)ばかりで鬱憤が溜まっていたこともあり、スピード練習のつもりで自己ベストに挑むことにしていたが、いざ走り始めてみると、そう簡単にはいかないことが、すぐに分かった。というのも距離表示が一切なく自分がどの程度のペースで走っているのか計れなかったからだ。ボクのような未熟なランナーは自分が走っているペースを感覚で把握することができず、オーバーペースへの不安から控えめな走りになってしまう。また大都会を走る大会だけに参加者が4000人余と多いわりには走路が狭く、そのためスタート時のみならずコースのあちらこちらで渋滞が発生する。その上、自動車や歩行者がコースを横断できるように、しばしば一時停止させられることもある。

そんな訳(=言い訳?)で自己ベストからは10分以上も遅い記録となってしまったが、ゆっくりペースのおかげで余力が残り、本大会の最大の魅力である国立競技場のトラックを思い切り走ることができた。

|

« なんとかかんとか30キロ | トップページ | 1月の読書録から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/43953447

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿を走る:

« なんとかかんとか30キロ | トップページ | 1月の読書録から »