« 正岡子規『仰臥漫録』を読む | トップページ | 俳句の起源―『私自身のための俳句入門』から(1) »

2009.04.28

4月の読書録から

今月はランニング関係の本を中心に6冊。寡読なボクとしてはまぁまぁの数だし、内容的にもなかなか充実した読書ライフであった。

『仰臥漫録』(正岡子規、岩波文庫、1989)

正岡子規が病床で綴った最後の日記。前作『墨汁一滴』と異なり公表を前提としておらず、よりあからさまで率直な日々の記録となっている。当ブログでも「正岡子規『仰臥漫録』を読む」で紹介した。

『浅井えり子の「新・ゆっくり走れば速くなる」―マラソン・トレーニング改革』(ランナーズ、1997)

初のフルマラソンを走り終えた直後は至福の5キロの印象ばかりが強かったが思い返すうちに不甲斐ないタイムが悔やまれるようになった。欲が出てきたというべきだろうか。次回は格段のタイムアップをと考えトレーニングの方法を学び直すことにした。まず手始めに読んだのが本書。恩師にして亡夫である故・佐々木功監督の後継者として浅井えり子が自らの経験をベースにLSD理論を解説したものだ。LSD(Long Slow Distance)で無理なく、しっかり身体を作る――トレーニングの原点はここだと学んだ。

『マラソン実戦力アップマニュアル―目標タイム別3カ月トレーニング計画』(ベースボール・マガジン社、2007)

続いて紐解いたのが本書。この本では目標タイムの設定方法や、目標タイムに応じたトレーニングのあり方を学んだ。殊に時期によって練習の内容を変える期分けの考え方は大いに参考になった。

『21世紀のマラソントレーニング―成功への道しるべ 』(前河洋一ほか、ランナーズ、2003)

極めつけが最後に読んだ本書。最新の運動生理学に基づきトレーニングのあり方を論じている。それだけに多少難解な面もあるが、トレーニングの教科書として役立つだけでなくサイエンスの本としても興味深い。

『赤色エレジー』(林静一、小学館文庫、2001)

「赤色エレジー」というと、あがた森魚の同タイトルの名曲を思い浮かべる人のほうが多いかもしれないが元祖はこちら、本書に収録されている劇画「赤色エレジー」だ。古典的な情念の物語を斬新な表現で描いた本作は40年たった今も、いや今だからこそ増して新鮮である。

『大法輪』2009年5月号(大法輪閣)

今号の特集は「図解・お寺と宗派の見分け方」。寺の建物や仏像・仏具、葬儀等の儀式や行事など、日本の主な宗派の特徴、それぞれの違いが示されている。前号から続く古山健一の「知られざるビルマ仏伝の世界(後編)」や田主誠の「興福寺阿修羅像の美」も面白かった。

|

« 正岡子規『仰臥漫録』を読む | トップページ | 俳句の起源―『私自身のための俳句入門』から(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/44541643

この記事へのトラックバック一覧です: 4月の読書録から:

» 図解・仏像の見分け方 [ロドリゲスインテリーン]
図解・仏像の見分け方 [続きを読む]

受信: 2009.11.21 16:50

« 正岡子規『仰臥漫録』を読む | トップページ | 俳句の起源―『私自身のための俳句入門』から(1) »