« つつじ燃ゆ(2) | トップページ | つばめ舞う空に »

2009.05.26

俳句の誕生―『私自身のための俳句入門』から(4)

高橋睦郎『私自身のための俳句入門』(新潮選書、1992)から冒頭に置かれた「歴史篇」を3回に亘って辿ってきた。それも今回で終わり。いよいよ俳句の登場である。

前回は唱和という源泉から奔出した和歌の流れが歌合を経て連歌に至るまでを見た。高橋はその過程を「ほんらい相手を予想し機知的である和歌があからさまに機知的に」なり、「その機知が一首として他に向かうのでなく、一首の中で対応すると、そこに連歌が生まれる」としている。江戸期に入ると市民層の勃興を背景に連歌の機知は遊戯性を帯び俳諧の隆盛をみる。

そして芭蕉の登場である。機知と遊戯性を高め俳諧に至った和歌の流れ、高橋は芭蕉が「そのありようを正した」としている。それは「詩において、詩であろうとすることにおいて正した」、言い換えれば「俳諧連歌の文芸化」を推し進めたということだ。芭蕉は季と切字という俳句の二大装置を駆使し「詩なるもの」を追求した。その過程は「変成の永久運動」であったと高橋は言う。旧派の月並み調を離れ蕉風と呼ばれる創作理念・作法を確立。そうかと思うと今度はその中心的な美意識である「さび」から「かるみ」への転換を成し遂げる。あたかも「夢は枯野をかけ廻る」かのようだ

芭蕉の登場はしかし俳諧にとって両刃の刃となった。芭蕉以降しだいに発句を独立させる傾向が生じ、蕪村の頃には「発句に較べて連句の数がきわめて少く」なっていたという。その原因について高橋は「芭蕉が俳諧連歌の文芸化を窮極まで推し進めたため、俳諧連歌のままではもはやそれ以上の発達・進化の可能性がなくなった」ためだとしている。

幕末・維新を経て衰退の極まった俳諧から「まだ息のある発句という頭部のみを独立させ」たのは正岡子規だった。子規は俳句が文学であることを宣し、その近代化に勤めた。しかし高橋は子規が「頭部のみを生かすという大手術によって窮極的に活かすのは俳諧」だったとしている。「俳句」の名が示す通り俳諧の「俳」性は近代俳句にも生き続けているというのだ。では俳句が俳諧から相続したものは何か。高橋は本書の「構造篇」で「俳」の本質は批評精神であり、また「句」の本質は「「付句」的なものを期待しつづけた」不完全性である、としている。

|

« つつじ燃ゆ(2) | トップページ | つばめ舞う空に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/45052460

この記事へのトラックバック一覧です: 俳句の誕生―『私自身のための俳句入門』から(4):

« つつじ燃ゆ(2) | トップページ | つばめ舞う空に »