« 唱和から連歌へ―『私自身のための俳句入門』から(3) | トップページ | つつじ燃ゆ(2) »

2009.05.20

つつじ燃ゆ

勤め先の近くにかなり広いツツジの植込みがある。5月も半ばを過ぎると新芽が伸びてきてピンク色の花が埋もれてしまう。新芽の成長の度合いも花のつく高さも一様ではないので、まるで緑の波間にピンクの花が浮いたり沈んだりしているように見える。

新緑に浮きつ沈みつ花つつじ ならぢゅん

ツツジの花を見ると子どものころを思い出す。当時ボクは現さいたま市の公団住宅に住んでいた。広い団地の敷地にはあちらこちらにツツジの植込みがあり、春から初夏にかけては数多くの花が咲いた。子どもたちは誰に教えられたわけでもなく、ツツジの花をむしりその根元を吸った。もちろんボクもその一人だ。微かに甘い蜜の味を今でも憶えている。

それは昭和40年代前半のこと。もう(まだ?)40年以上も前の話だ。

|

« 唱和から連歌へ―『私自身のための俳句入門』から(3) | トップページ | つつじ燃ゆ(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/45062309

この記事へのトラックバック一覧です: つつじ燃ゆ:

« 唱和から連歌へ―『私自身のための俳句入門』から(3) | トップページ | つつじ燃ゆ(2) »