« ネコに恨みはございませんが…… | トップページ | 紫陽花の想い出 »

2009.06.10

誘蛾灯の光は蒼く

ドラネコどもの目に余る蛮行に不本意ながらガーデンバリアなるネコ避け機を設置したのが日曜日。効果を論ずるには未だ早いかもしれないが少なくともここ3日間は被害なしである。

さて、そんな機器を設置したからか、子どもの頃に見た誘蛾灯を思い出した。誘蛾灯は蛍光灯の光で虫をおびき寄せ電撃で殺すというものだ。近頃は殆ど見かけなくなったがボクが子どもの頃には飲食店の軒先などによくぶら下げてあった。

死にさそふものの蒼さよ誘蛾灯 山口草堂

例によってポケット歳時記から。山口は水原秋桜子に師事した俳人で大阪馬酔木会をおこし俳誌「南風」を創刊。誘蛾灯というと先ずその蒼い光が思い浮かぶ。子供心にもどことなく隠微で妖しげな感じがしたものだ。次の句はそうした印象を巧みに詠み込んだもの。こちらもポケット歳時記から。
肩に手を置く彼とあり誘蛾灯 中田品女

誘蛾灯の蒼い光に浮かび上がる男女の姿。道ならぬ恋であろうか。命をも奪うかもしれない、惹かれてはいけないものに、どうしようもなく惹かれてゆく、そんな心象が巧妙に描かれており、背筋をゾクっとさせる。

|

« ネコに恨みはございませんが…… | トップページ | 紫陽花の想い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/45272659

この記事へのトラックバック一覧です: 誘蛾灯の光は蒼く:

« ネコに恨みはございませんが…… | トップページ | 紫陽花の想い出 »