« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.30

秋蝉鳴く(3)

昨年の春に母を亡くしてから妻は今でも月命日の墓参を欠かさない。毎月30日は父と連れ立って霊園に向かう。今日は久しぶりに休日と重なったのでボクと息子も一緒に出かけることにした。あいにく雨であったが航空公園駅から霊園に向かうバスは満席。殆どの乗客が花を携え、法事であろうか、中には喪服姿の家族もいる。

サイパンの砂より熱き墓洗う 小林光

今週の「読売俳壇」から。8月の強い日差しに照らされて熱を帯びた墓を洗う。それはサイパンで戦死した父、あるいは兄弟、あるいは戦友の墓。癒しようもない苦しみを想い、せめて冷たい水で汗を拭うように墓を洗う。「読売俳壇」は毎週月曜日、読売新聞の朝刊に掲載。選者は森澄雄宇多喜代子正木ゆう子小澤實の4名である。先週掲載された村山義一の「妻たちはあの夏のまま無言館」という句も印象深かった。やはり日本の夏は死者を悼み、戦争と平和を考える季節なのだ。

バスを降りると雨は小止みになっていた。すっかり憶えてしまった小道を辿り義母の墓の前に立つ。先ずは手分けして掃除。それから花と線香を供え静かに手を合わせる。いつものように一番長くその姿勢でいたのは妻だった。少し雲が切れ晴れ間がのぞく。その途端、静まり返っていた林からセミの声が聞こえてきた。

仰のけに落ちて鳴きけり秋の蝉 小林一茶

うつ伏せか仰向けか知らないがボクも遠からず地に落ちるときを迎える。その時ボクには鳴き続ける歌があるか、そんなことをふと思ってしまう。

義母の墓前はいつも何となく去りがたい。生前の人柄がそうさせるのだろう。だが、いつまでもこうしている訳にもいかない。再び降り始めた雨。ボクらは足早にバス停に向かう。夏の終わりを厳然と告げるかのように冷たい雨が全てを濡らしてゆく。

蜩や微分積分くそくらえ 藤沢二千男

「NHK俳句」(8月16日放送)より。夏の終わりは宿題のシーズンでもある。早いもので高3となった息子の現在の心境はこんなところか。もちろんボクにも覚えがあるが、今になってみれば、それもまた佳き想い出だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.24

秋蝉鳴く(2)

清水哲男『増殖する俳句歳時記』で「蝉」を含む句を検索すると30弱もの作品がヒットした。日本の夏、蝉の存在感の大きさを改めて思い知らされた気がする。特に印象に残った句を3つ挙げてみる。

蝉の家したい放題いませねば 藤本節子

地上ですごす1週間を命の限り鳴き尽くす蝉。その声は人を行動へと駆りたてる。この夏こそ、やりたいことをやり尽くさなければ、作者のそんな思いが伝わってくる。
蝉しぐれ捨てきれぬ夢捨てる夢 西岡光秋

蝉時雨が駆り立てるのは行動ばかりではない。夢を捨てるか、捨てないか、そうしたのっぴきならない決断をも突きつける。身のうちにまで染み入ったその声は耳を塞いでもなおけたたましい。
惜しい惜しい惜しい惜しいと法師蝉 北登猛

「法師蝉」はツクツクボウシのこと。ツクツクボウシの声を「惜しい、惜しい」と聞きなすボクらは暑いのなんのと文句を言ったところで結局やはり夏が好きなのだろう。

ところで惜しいと言えば昨日で世界陸上2009が終わってしまった。三冠達成のボルトに始まりボルトに終わった今大会だったが、最後の最後でやり投げの村上が銅メダル、女子マラソンの尾崎が銀メダルを獲得。少しは溜飲を下げることができた。短距離種目初のメダルで北京を沸かせた男子4×100mリレーは惜しくも4位。キャプテン・朝原が抜けたことを考えれば大健闘と言えよう。2年後のロンドン五輪が楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.20

秋蝉鳴く(1)

敗戦忌といえば高浜虚子はこんな句を残している。

秋蝉も泣き蓑虫も泣くのみか 高浜虚子

『日本の詩歌』第3巻(中公文庫、1975)から。前にも紹介したことがあるが、朝日新聞の求めに応じて敗戦の感慨を詠んだものの1つ。他には「敵といふもの今は無し秋の月」、「黎明を思ひ軒端の秋簾見る」の2句がある。清水哲男の鑑賞によると「蓑虫」とは「物言わぬ一庶民としての自分の比喩」とのこと。虚子は「みずからの心に怒濤のように迫り来た驚愕と困惑と悲しみとを、まさかの敗戦など露ほども疑わなかった多くの人々と共有したかった」(『新・増殖する俳句歳時記』)というのだ。
油蝉死せり夕日へ両手つき 岡本眸

こちらは『新・増殖する俳句歳時記』から。8月も立秋を過ぎると蝉時雨の様相が変わる。アブラゼミのじっとりとした声が次第に減り、ミンミンゼミやツクツクボウシのけたたましい声が増えてくる。それとともにアブラゼミの死骸が目に付くようになる。なるほどその姿は両手を地面について何かを拝しているように見えなくもない。岡本の見た死蝉は西方浄土の阿弥陀仏の来迎を祈っていたのだろうか。
椎間板牽かれし門に蝉骸 ならぢゅん

最後に10年ほど前の愚作を。当時ボクは夏の終わりに腰を痛め病院通いをしていた。そのこともあって自分が中年期に入ったことを強く感じていた。夏の終わりは青年期の終焉に相応しい季節だ。

8月も下旬を迎え夕方にはヒグラシの独特な鳴き声も聞かれるようになった。なんとなく切ない声だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.15

敗戦忌、祖父の想い出、そして硫黄島

今日は64回目の終戦記念日。とはいえ特別なことはなにもしなかった、というか、できなかった(ヒロシマの日もナガサキの日にも)。ただ庭の芝刈りをしながらラジオで紹介される様々な終戦の日のエピソードを聞くばかりだ。

敗戦忌爺朝から合成酒 ならぢゅん

子どもの頃よく遊んでもらった祖父は戦争当時、中国戦線に借り出されていたらしい。そこでどんなことがあったのか、祖父の口からも他の大人たちからも聞いたことはない。だが何か尋常ではないことを経験したのではないかと幼いながらも思っていた。時折、陽の高いうちから安酒をあおることのあった祖父の姿がそう思わせたのだ。ザリガニ釣りに虫捕り、将棋、祖父には色々と手ほどきを受けたが、ボクが中学に上がる頃に亡くなったので酒の呑み方を教わることはできなかった。いずれ冥土で酌み交わしたいものだ。
人棲まぬ島にもみ霊敗戦忌 松本泊舟

清水哲男『増殖する俳句歳時記』から。実はつい先ほどまでテレビで映画『硫黄島からの手紙』(2006・米)を見ていた。激戦が繰り広げられた地として知られる硫黄島だが、戦域の広さを思うと他にも多数の島で戦いが行なわれたのであろう。その中には人影の失せた島もあるかもしれない。浜辺に残された両軍の戦死者の遺品、遺骨だけが強い日差しに照らされている。そんな光景が眼に浮かぶ。

硫黄島と言うと3年前に見たテレビドラマを思い出す。『硫黄島―戦場の郵便配達』(フジテレビ)だ。同じ年の夏のNHKスペシャル『硫黄島玉砕戦―生還者 61年目の証言』も印象深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.13

横浜へ行く

今日も清水哲男『増殖する俳句歳時記』で見つけた句から始めてみる。

大股になるよサングラスして横浜 川角曽恵

港町・横浜の自由で開放的な雰囲気、オシャレでバタ臭い感じがよく出ている。この街を歩くなら確かにサングラスして大股で颯爽と歩きたい。むかし見た映画の主人公のように……。

ボクもそんな横浜が大好きで時々無性に行きたくなる(サングラスはしないけど)。今回はパシフィコ横浜で開催されている「海のエジプト」展を口実に出かけることにした。かつては西武線、山手線、東横線、さらに根岸線を乗り継ぎ2時間以上かかったが、今では西武線と副都心線、みなとみらい線と東横線の相互乗入れのおかげで1時間半もかからない。乗換えも渋谷の1回だけ。便利になったものだ。

古代エジプトといえば砂漠にそびえるピラミッドが思い浮かぶが、「海のエジプト」展で取り上げられているのは少し時代の下ったプトレマイオス朝以降のエジプトだ。海運の発達により交易・交流が盛んとなり経済的にも技術や文化の面でも隆盛を極めた地中海世界。プトレマイオス朝エジプトの首都アレクサンドリアは地中海世界の中心都市の一つであったが後に地震や津波に襲われ海の底に沈んでしまった。「海のエジプト」展は近年ようやく海底から引上げられたアレクサンドリアと周辺都市の遺物を多数紹介している。

大盛況の「海のエジプト」展をたっぷり、じっくり楽しんだ後は中華街に直行。みなとみらい線を利用する手もあったが、せっかく海に来たのだから船に乗ろうとシーバスを利用することにした。ぷかりさん橋で乗船。海側から見る赤レンガ倉庫大桟橋の景色を楽しんでいるうちに山下公園に到着。氷川丸マリンタワーホテル・ニューグランド、眼に映る全てが横浜らしくて嬉しくなる。

山下公園から中華街へは蘇州小路を天長門に向かう手もあるが、ボクは朝陽門を抜けて大通りに入るのが好きだ。賑やかで騒々しくて、これぞ中華街という感じがする。右手に北京飯店、左手に喫茶エル、右手に派出所と、ここまでは見慣れたいつもの景色だったが、左手に湖南料理の明揚がなくなっていたのには驚かされた。大通りを進むにつれ知らない店ができていたり、旧知の店も改装されていたり、中華街も少しずつ変わりつつあるのだなぁ、と実感させられる。それだけに今夜は変わらぬ老舗で食事がしたいと思い聘珍樓に向かった。市場通りにも香港路にも好きな店があるし、知らない店、初めての店にも入ってみたいし、中華街はいつも迷わされるのだが、今夜は迷わず聘珍樓。もっとも家族3人でン万円というわけにはいかないので気軽な飲茶にした。それでもボクにしてみれば贅沢のうちなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.08

花火の想い出(4)

清水哲男『新・増殖する俳句歳時記』から。

群集の顎吊り上げし花火かな 仲畑貴志

観察眼の鋭さというか、花火を題材に取上げながら敢えて花火に背を向ける、そういう視角の立て方がすごい。仲畑は「みんな悩んで大きくなった」や「おしりだって、洗ってほしい」などの作品で知られるコピーライター。この句を『新・増殖する俳句歳時記』でみつけるまで俳句を詠んでいるとは知らなかった。

さて今夜は妻の発案で久しぶりに西武園の花火を見に出かけた。帰ってきてから調べてみたところなんと4年ぶりのことであった。今回は家族3人だけだが4年前は妻の両親も一緒だった。

改めて振り返ってみると子どもが小さかった頃には毎年のように義父母と義兄一家と共に西武園の花火見物に出かけたものだ。もっとも入場券を買ったためしはなく、周辺の公園や駐車場に弁当を広げて、わいわい歓声を上げながら花火を楽しんだ。

ところで子供が生まれる前はどうだったかというと西武園の花火にまつわる想い出はないわけではない。それどころか……、ではあるが、今回は敢て背を向けておくとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.07

久しぶりに読書録から

5月からの3ヶ月間は本当に本を読まなかったなぁ。なぜと自問しても分からないのだけれどページを開くとすぐにウトウト、それどころかページを開く気すらわかないことも……。夏もこれからがいよいよ本番だというのに、とほほ。

高橋睦郎『私自身のための俳句入門』(新潮選書、新潮社、1992)

「現在のところ最も新しい定型詩」としての俳句を歴史と構造の2つの側面から考察。当ブログでも4回に亘って取り上げたので詳しくはそちらを。
(1)俳句の起源
(2)季の登場
(3)唱和から連歌へ
(4)俳句の誕生

『大法輪』2009年6月号

特集は「観音さまのすべて」。古来から宗派を問わず親しまれてきた観音菩薩について様々な角度から紹介。ここ2~3年、本誌を購読してきたが特定の仏さまをテーマとした特集は初めて。

『大法輪』2009年7月号

特集は「これでわかる仏教の歴史」。インド・中国・朝鮮・東南アジア・チベット・日本、各国の仏教史から重要なトピックを解説。地域ごとに年表も用意されており、通時的なタテの流れだけでなく共時的なヨコの繋がりも理解するのにも役立つ。

しげの秀一『頭文字D』39巻(講談社、2009)

待ちに待った「イニD」の最新刊。拓海の恋も神奈川エリアの戦いもますますヒートアップ。涼介の隠された過去も次第に明るみに。

しげの秀一&ヤングマガジン編集部(監修)『頭文字D THE MESSAGE』(講談社、2009)

解説本と言えばいいのだろうか。名言集や全バトル紹介、プロのレーサーやチューナーから見た拓海とハチロクの走り等、様々な角度、様々な切り口で「イニD」に迫る。

小島義輝『英文簿記の手ほどき(第2版)』(日経文庫、日本経済新聞社、2003)

部下たちに最低限の簿記・会計の知識を身につけて欲しいと入門書を物色していてみつけた一冊。練習問題が豊富で、特に事例をもとに仕訳から、試算表、P/L、B/S、C/Fまで作るという課題は理解を深めるのに最適。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.06

花火の想い出(3)

清水哲男の『新・増殖する俳句歳時記』から。

遠花火この家を出し姉妹 阿波野青畝

お盆で帰省しきた娘たちと縁側から遠くに見える花火を眺めている。再会に浮き立つ気持ちとすぐにまた送り出さなければならない切なさ、すっかり大人らしくなった娘たちの成長を歓ぶ気持ちと子育てが終わったことを改めて思い知らされる寂しさ、複雑な想いが交錯する親の心情がありありと伝わってくる。それも上五の「遠花火」が効いているからだろう。

所沢に越してきたばかりの頃は家から西武園遊園地の花火が見えるのが嬉しくて、週末の度にベランダにテーブルを持ち出して夕食をとりながら花火を見たものだ。当時はまだ豊島園も花火を上げていて西武園の花火が終わると反対側の夜空をみつめ遠くに小さく見える花火に余韻を楽しんだものだ。

人帰る花火のあとの暗さかな 正岡子規
潔よく花火は空に消ゆるなり 竹久夢二

いずれも村石利夫『検索名句秀句』(小学館文庫、2002)から。花火が終わると夜が更けて辺りが暗くなっていることに急に気づかされる。そのせいか花火のあとは何となく淋しく心細い。息子が18歳になった今、子育てもちょっと似ている気がしている。かといって花火のように潔く消えるわけにはいかない。

ところで今夜は息子と二人で留守番である。妻は友だちに誘われて神宮外苑の花火大会に出かけるというのだ。もっとも添え物のはずのゲストの歌がお目当てのようだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »