« 川越散歩その2・喜多院と七五三 | トップページ | 正岡子規『病牀六尺』を読む »

2009.11.18

川越散歩その3・蓮馨寺と唐人揃い

喜多院に続いて成田山別院に参詣。大厄のときに御護摩を焚いてもらった寺だ。七五三の親子づれに混じって不動明王に手を合わせ、いよいよ本日のメインイベント、多文化共生・国際交流パレードの会場、蔵造り通りに向かう。

このパレードは日韓友好年だった2005年に始まったもので今回が5回目。江戸時代の「唐人揃い」行列を再現し、市民レベルで国際交流を図ろうという趣旨のものだ。秀吉の出兵で冷え切った日朝関係。その修復を目指した徳川幕府の外交努力に応え朝鮮側も通信使と呼ばれる使節団を派遣。華やかで異国情緒あふれる一行の出で立ちは庶民の間でも持て囃され、その様子を模した「唐人おどり」や「唐人人形」が流行したという。川越の「唐人揃い」もそうしたものの一つで100年ほど前までは氷川神社祭礼(川越祭り)の折に奉納されていたそうだ。

パレードのスタート地点・蓮馨寺に到着。境内には既に様々な衣装を身にまとった参加者たちが集結していた。中でも異彩を放っていたのが津市分部町の伝統芸能、三重県の無形文化財にも指定されている唐人踊りの一団だ。カラフルな衣装にユーモラスな面をつけ鉦、太鼓、横笛などの楽器を携えている。当時の装束を再現した通信使の一行や愛らしい朝鮮学校の少女たちの姿も目を引く。そうした参加者たちの様子を横目に先ずは本堂へ。ご本尊の阿弥陀如来に手を合わせパレードの成功と無事を祈った。

境内の隅の茶屋で腹ごしらえをしているうちにパレードの出発時刻が迫ってきた。先回りして蔵造り通りに向かうと早くも観客でごった返している。パレードを見に来たのはこれで三度目だが年々観衆が増えているような気がする。殊に本格的なカメラを携えた写真愛好家の姿が目立つ。平気で列に割り込んだり人の前に立ったりする図々しさには閉口するが、それくらいしないと良い写真はなかなか撮れないものなのだろうか。

パレードの楽しみは華やかな衣装や珍しい踊り、また参加者たちの笑顔やはにかんだ表情など目を歓ばすところが大きいが、ボクにとってこのパレードの主役はむしろ音だ。農楽というのか、サムルノリというのか、太鼓や銅鑼、鉦などの打楽器にチャルメラに似た笛を加えた朝鮮の伝統的な民俗音楽が大のお気に入りなのだ。耳を聾するばかりの迫力、素朴で自由で力強く、それでいてどこか哀愁を帯びているというか、郷愁を誘うものがある。聞いていると血の騒ぐような感じ、魂の沸き立つような感じがして、踊りの輪の中に飛び込んでいきたくなるほどだ。

奏者、聴衆の区別なく、自分たちの手で自分たちの音を作り楽しむ。そんな音楽の楽しみ方ができたら、さぞ面白かろうと思う。

|

« 川越散歩その2・喜多院と七五三 | トップページ | 正岡子規『病牀六尺』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/46786246

この記事へのトラックバック一覧です: 川越散歩その3・蓮馨寺と唐人揃い:

« 川越散歩その2・喜多院と七五三 | トップページ | 正岡子規『病牀六尺』を読む »