« 毛糸のある風景 | トップページ | 映画『牛の鈴音』を観る »

2010.01.01

年の初めに思うこと

年の初めに必ず思い出す句がある。

去年今年貫く棒の如きもの 高浜虚子

句集『六百五十句』所収。虚子76歳の時の作品だ。明治から大正、昭和へと近代化の道を突き進んだ時代にあって、伝統的な有季定型句にこだわり花鳥諷詠と客観写生を貫いた虚子の信念が感じられる。

この句と出会ってからボクは「何か新しいことを」ではなく「いつまでもこだわり続けることを」考えるのが年の初めの習慣となっている。虚子の「棒の如きもの」に尻を叩かれるようにして……。

|

« 毛糸のある風景 | トップページ | 映画『牛の鈴音』を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/47219090

この記事へのトラックバック一覧です: 年の初めに思うこと:

« 毛糸のある風景 | トップページ | 映画『牛の鈴音』を観る »