« 『大法輪』4月号を読む | トップページ | 武蔵野観音めぐり・その6 »

2010.04.24

武蔵野観音めぐり・その5

武蔵野観音めぐり五日目。今日は午後から用事があったが少しでも先に進みたいと思い市内の二ヶ寺を巡拝した。

小手指から早稲田大学行きのバスに乗り大日堂で下車。この付近には大日如来を納めた御堂があったそうだ。茶畑の間を縫うように歩くこと10分ほどで第14番札所・妙善院に到着。石段を登り山門をくぐると小さな立て札があった。

御願い 最近遊び場が無いために、子供らしい遊び廻る姿が少なくなり心配です。大切な境内ながら開放しますので保護者が責任を以って遊ばせ、又後片付も躾上大切なことなのでお守り下さい。 山主

なるほど子供たちが広い場所で遊べるよう、隣接する幼稚園、保育園の園庭からも境内に入れるようになっている。その子供たちを見守るように立つ子安地蔵や悲母観音の石像にも御住職の子供たちを思う暖かい御心が感じられた。本堂を拝し納経所に伺うと、当の御住職であろうか、老僧が自ら御対応くださった。何種類もの飴の入ったビンを指さし好きなのを持っていきなさいとおっしゃる。有難く頂戴し第15番札所・松林寺に向かった。

妙善院から歩いて30分ほどで松林寺に到着。山門を潜ると大きな仁王の石像がそびえる。不心得者は一歩も通さぬと言われているようで少したじろぐ。更に進むと境内には一葉観音や玄奘三蔵といった珍しい尊像、また上野・寛永寺から奉祀された薬師如来像を納める薬師六角堂などがある。本堂に伺うと扉が開いており御本尊の釈迦如来像、札所本尊の千手観音像を内拝することができた。早いもので観音めぐりも15ヶ寺目となったが本堂に上がらせて頂いたのは初めてのことである。

|

« 『大法輪』4月号を読む | トップページ | 武蔵野観音めぐり・その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/48477525

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野観音めぐり・その5:

« 『大法輪』4月号を読む | トップページ | 武蔵野観音めぐり・その6 »