« 武蔵野観音めぐり・その8 | トップページ | 『大法輪』7月号を読む »

2010.06.08

川柳川柳『寄席爆笑王ガーコン落語一代』を読む

川柳川柳(かわやなぎ・せんりゅう)『寄席爆笑王ガーコン落語一代』(河出文庫、2009)を読む。破天荒な落語家として知られる川柳川柳の半生記。往時の世相や落語界の動向が鮮明に描かれており、波乱万丈の個人史であると同時に庶民の昭和史、戦後落語史としても楽しめる一冊。また通常、寄席でしか聴けない「川柳のヰタ・セクスアリス」や「間男アラカルト」といった艶噺しも収録されている。

この一冊ばかりは、ぜひ寄席で或いはCDででも川柳の落語を聴いてから読んで欲しいと思う。行間から立ち上がる川柳の語り口、歌声とともに読めば二倍も三倍も楽しめるというものだ。

|

« 武蔵野観音めぐり・その8 | トップページ | 『大法輪』7月号を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/48636912

この記事へのトラックバック一覧です: 川柳川柳『寄席爆笑王ガーコン落語一代』を読む:

« 武蔵野観音めぐり・その8 | トップページ | 『大法輪』7月号を読む »