« 武蔵野観音めぐり・その9 | トップページ | 待ってました! »

2010.06.28

川嶋伸次『監督ー挫折と栄光の箱根駅伝』を読む

川嶋伸次『監督―挫折と栄光の箱根駅伝』(バジリコ、2009)を読む。川嶋は東洋大・陸上競技部をシード外から育て上げ箱根駅伝2連覇の偉業へと導いた学生陸上界屈指の指導者である。しかし公式記録を紐解けば川嶋の経歴に優勝の文字はない。2008年、一般部員のしでかした不祥事の責任を取って川嶋は監督の職を辞した。箱根駅伝本戦を翌月に控えた12月のことだった。しかし東洋大駅伝チームは、出場さえ危ぶまれた、この危機を見事に乗り越え箱根駅伝史に残る活躍を示したのだ。殊に当時まだ1年生だった柏原が5区の山登りで見せた脅威的な力走は記憶に新しい。

この鮮やかな逆転劇を可能にしたのは何か奇跡的な力、例えば指導者の強力なカリスマ性、といったものではない。ごく当たり前で地道なトレーニングとチーム作り、そして川嶋が若者たちに植えつけた前向きな精神、プラス思考であろう。川嶋はこう書いている。

自分にとってプラスに働くものは、いつ何時、どこに転がっているかわからない。あらゆるものに興味を持ち、あらゆるものを感じる力が、自分を育てていく

川嶋にとって長距離走は「決してまぐれがない」スポーツだ。練習で実現できていること以上の成果を得ることはできない。だから「きちんとトレーニングをマネージメントし」「練習で実現できていることを、レースで存分に発揮できる」よう「レース中のセルフマネージメント」を徹底する。その他に成功を収める秘訣はないのだ。一方、長距離走は練習も本番も長丁場だけにハプニングに見舞われることが多い。その度に一喜一憂していたのでは自分をマネージできない。長距離走は全てをプラスに変える貪欲さ、しぶとさが問われるスポーツなのだ。再び川嶋の言葉を引こう。
よかったことは「自信」にし、悪かったことは「経験」にしてほしい

野球賭博に揺れる相撲界、W杯ベスト16に湧くサッカー、どんなスポーツも浮き沈みは避けることが出来ない。その全てを糧に変えて前に進んで行って欲しいと思う。それこそがアスリートに課せられた使命なのだから。

|

« 武蔵野観音めぐり・その9 | トップページ | 待ってました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/48810391

この記事へのトラックバック一覧です: 川嶋伸次『監督ー挫折と栄光の箱根駅伝』を読む:

« 武蔵野観音めぐり・その9 | トップページ | 待ってました! »