« 副島隆彦『道具としての英語・しくみ編』を読む | トップページ | 映画『奇跡』を観る »

2011.06.16

ゴーヤ伸び伸び

親はなくとも子は育つ――いや植物の場合は「親がない方が子は育つ」と言うべきか。

今年こそ緑のカーテンをと連休中に植えたゴーヤが草丈1メートルほどに伸びてきた。人から聞いた話では、その頃が親ヅルの摘心の時期だそうだ。そこで先週末、2節ほど親ヅルを切ってみたのだが、今朝、数日ぶりに庭を見て驚いた。確かに子ヅルが急激に伸びているではないか。当たり前と言われれば当たり前のことなのだろうが……。

親がないほうが子は育つ――実は人間もそうなのかもしれない。そんなことを思いながら、夜更かしな息子の顔を今朝も目にしないまま、そそくさと朝食を済ませて職場に向かった。

|

« 副島隆彦『道具としての英語・しくみ編』を読む | トップページ | 映画『奇跡』を観る »

コメント

昨年、妻が庭にゴーヤを育ててましたが、ツルは伸びたのですが、実がなりませんでした。

投稿: ry | 2011.06.22 11:01

(^-^; それは残念だったですねぇ。うちはどうかなぁ。CookPadでゴーヤレシピを色々調べてあるのですが捕らぬ狸のなんとやらにならないといいのですが……。

投稿: ならぢゅん | 2011.06.22 12:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30439/51958737

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーヤ伸び伸び:

« 副島隆彦『道具としての英語・しくみ編』を読む | トップページ | 映画『奇跡』を観る »