« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012.11.27

読書録から(ツィートまとめ)

本田健.50代にしておきたい17のこと.大和書房.2012

7/7、本田健『50代にしておきたい17のこと』(だいわ文庫、2011)読了。時々この手の本が読みたくなる。飲み過ぎた時とか(笑)

芦田正次郎.路傍の庚申塔ー生活の中の信仰.慶友社.2012

7/20、芦田正次郎『路傍の庚申塔ー生活の中の信仰』(慶友社、2012)読了

7/22、QT 庚申信仰は日待・月待・道祖神・猿田彦大神・富士信仰と結びついた。さらに信仰対象である庚申塔は…さまざまな信仰と結びついていく from 路傍の庚申塔 by 芦田正次郎

同日、QT 庚申信仰が日本に伝わり、八三八年には守庚申が恒例化していたと思われる。「庚申信仰」が、さまざまな外来、あるいは固有の信仰と融合しながら二0一一年の今日まで、脈々と伝えられているのも民衆信仰ならではのことであろう from 路傍の庚申塔 by 芦田正次郎

大法輪.特集:仏像の《誤解》を解く.第78巻第3号.2011

8/8、大法輪2011年3月号から。QT 人々はとかく二つの極端に陥っている。一つは、欲楽にふけること。もう一つは、逆に過激な禁欲を科し、苦行にのめり込むこと。楽と苦、この両極端に身と心を委ねている限りは、さとりを得ることはできない from 仏教なんでも相談 by 鈴木永城

同日、大法輪2011年3月号から QT 一つ。この命がこの世に生まれた不思議を思うこと。二つ。あなたとわたしがどうして巡り合ったか、そのご縁の深さを思うこと。三つ。いつの世かもしれない誰かのために、よい種まきをしておくこと from 心があったまる仏教 by 酒井大岳

同日、大法輪2011年3月号から。QT 仏教の理論編は般若心経にあり、その真髄は「真実不虚(真実は虚しからず)」。実践編は法華経にあり、その真髄は「歓喜は人を救う」 from 言葉と瞑想 by 平賀陸太

同日、大法輪2011年3月号から。QT 瞑想・坐禅中は、沈黙して、頭の中で勝手な妄想に大いに耽るべきだと思う。楽しい妄想もあれば、苦しい妄想、悲しい妄想もある。思うこと、考えることに疲れれば、やがて何も考えていない時が訪れる from 言葉と瞑想 by 平賀陸太

8/11、大法輪 2011年3月号読了。特集は「仏像の《誤解》を解く」

佐々井秀嶺.必生 闘う仏教.集英社新書.集英社.2010

8/19、佐々井秀嶺『必生 闘う仏教』(集英社新書、2010)読了。インド仏教の復興と被差別民衆の解放を生きぬく菩薩行の人

from http://twitter.com/WaiNeco/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.06

10月の鳥たち(ツィートまとめ)

1(月)、今朝の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、ドバト、ハシブトカラス、スズメ

3(水)、昨日の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、ハシブトカラス、ドバト、ヒヨドリ

同日、今日の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、スズメ、ドバト、ハシブトカラス

4(木)、今日の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、ヒヨドリ、ハシブトカラス、ドバト

6(土)、昨日の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、ハシブトカラス、ドバト、スズメ

9(火)、今日の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、スズメ、ハシブトカラス、ヒヨドリ、ドバト

10(水)、今日の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、スズメ、ハシブトカラス、ドバト、ヒヨドリ。ほぼ毎日ヒヨドリを見かけるようになった。通年、いるはずの鳥なのに、朝、見かけるかどうかには、季節性があるようだ。なぜだろう? もしかしたら日の出の時刻と関係があるのかも

同日、RT @WWFJapan: 【今日の一枚】 http://twitter.com/WWFJapan/status/255982998959296513/photo/1

13(土)、花小金井から小平グリーンロード。八坂からは野火止通り。東大和までの10.1キロを歩く。ヤマガラとも出会えた秋の散歩 http://www.seibu-group.co.jp/railways/enjoy/pamphlet/nonbiri-sanpo/04/__icsFiles/afieldfile/2010/06/30/green02.pdf

14(日)、今日の鳥たち。航空公園で出会ったのは、ハシブトカラス、シジュウカラ、ドバト、ヒヨドリ。この秋、二度目の23キロ走

15(月)、今日の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、ヒヨドリ、ドバト、ハシブトカラス、スズメ

17(水)、昨日の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、スズメ、キジバト、ドバト。大型トラックが路地でしばし立ち往生。パンの欠片に群がるドバトがなかなかどいてくれなかったのだ。ドライバさん、短気おこさないでくれて有難う

22(月)、今朝の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、ドバト、ハシブトカラス、スズメ、ヒヨドリ

同日、RT @suzuki_masajo: 倖せは気の持ちやうや雁かへる

23(火)、RT @ElberethJapan: @WaiNeco ヒヨドリ、この頃うちの方でも大活躍(?)で飛び交っています。ヒヨドリくらいの大きさで 、濃い灰色、歌声が綺麗な番いがキウイの木や、空き家になった燕の巣にくるんですが…。声を録ろうと出ると逃げてしまいます。今度鳴き声録 ...

同日、@ElberethJapan 所沢にはヒヨドリは年中いると思うのですが、朝の通勤時間に見られる時期は限られているようです。日の出の直後に街に出て、しばらくしたら森に帰るのかな、などと思っています

同日、今朝の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、ハシブトカラス、ドバト、ヒヨドリ、スズメ

24(水)、RT @birderjp: 絶滅危惧種のミゾゴイを平野部で発見 埼玉・草加市 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/region/news/121024/stm12102411550000-n1.htm

30(火)、今朝の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、ハクセキレイ、ドバト、ハシブトカラス、スズメ。ハクセキレイも所沢には年中、いると思うのですが、朝、見かけるのは久しぶり

31(水)、今朝の鳥たち。通勤の途中で出会ったのは、スズメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ドバト、ハシブトカラス

from http://twitter.com/WaiNeco/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »