2009.09.05

玉川上水を歩く

今日は久しぶりに玉川上水の遊歩道を歩いた。お目当ては小平のしゃぶしゃぶ店「いろりの里」。来週の結婚記念日を前に少し早めだが家族で夕食会をすることにしたのだ。

所沢から新宿線、拝島線と乗り継ぎ東大和駅で下車。駅前にはスポーツ施設のBIGBOXもあり想像していたよりもずっと開けている。今日の散歩はここがスタート。まずは駅から3分ほどのところにある「東京都薬用植物園」に立ち寄る。軽くひと巡りするだけのつもりだったが興味深い植物、珍しい植物が多く思いがけず長居してしまった。

再び駅に戻り線路に沿って西に向かう。ツクツクボウシやヒグラシの声を聞きながら20分ほど歩くと玉川上水だ。川べりの遊歩道に下りる。冷夏とはいえ未だ暑さの残るこの時期だが木陰に延びる遊歩道は川風も吹いて涼しく爽やかだ。そのためかハイカーやランナーの姿が多く、それぞれ思い思いのペースで秋の気配が漂う遊歩道を楽しんでいる。

しばらくすると左手に小さく「こもれびの足湯」という看板が見えた。「ここ、ここ」と妻が言う。以前、友人と散策した時に立ち寄ったことがあり、できれば今日もと思っていたそうだ。閉園まで15分ほどしかなかったが寄ってみることにした。中に入ると思ったよりも広く、ゆったりと湯に足を浸すことができた。それでいて料金は無料。ゴミ焼却施設の廃熱を利用しており排水も焼却施設で再利用されるそうだ。

さて、ここからは幾分、いや大幅に早足である。植物園や足湯でのんびりし過ぎて予約の時間に遅れそうになってしまったのだ。せっかく風情のある遊歩道ではあるが食い気にはかなわない。もはや散歩というより競歩の様相を呈し妻も息子も少し不機嫌な様子である。でも、そのおかげで15分程度の遅刻で済んだし、良い腹ごなしにもなった。ビールが旨い、肉が旨い。少々予算をオーバーしてしまったが、たまの贅沢、良しとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.07

呑み始め

1月1日。例年通り近所の日月神社に参拝し妻の実家に赴く。今年は友人に頂いた月の井酒造の純米吟醸酒・蔵酒を携え年始のご挨拶がてら酒の呑み始めである。月の井酒造は茨城・大洗の酒蔵で慶応元年の創業というから200年以上続く老舗だ。若くしてなくなられた先代の後をついで奥様が当主を務めていらっしゃる。そのいきさつはテレビドラマになったこともあるそうだ。さて肝心の酒の味はというとコクがあるがくどくなく非常に心地よい呑みくちだ。併せて頂いた日本酒ベースのブルーベリー酒もなかなかオツなもの。友人の懇意と月の井酒造の確かな酒造りのおかげで今年も上々の呑み始めとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.31

今日は大久保へ

8月12日、ひばりが丘の義父母を誘って大久保に行く。ツレアイが韓国語を習っていることもあって我が家は時々大久保のコリアンタウンに出かける。以前から義父が行ってみたいと言っていたので今日は連れ立って遊びに行くことにした。とはいえ35度を超える猛暑続き、午後、遅めに出かけて先ずは韓国料理を楽しみ、それから夜の街を歩いてみることにした。

所沢でおち合って西武新宿についたのが4時半ころ。それでもまだ陽はカンカンと照りつけ時おり吹く風もさわやかというより熱風だ。職安通りをゆっくり歩きドンキホーテの脇を曲がる。この通りはコリアンタウンでもかなりディープに韓国色が強く、料理屋も小さな現地風の店が多い。お目当ての店は大久保通りに突き当たる少し手前、韓国風家庭料理のモイセだ。「モイセ」とは韓国語で「集まれ!」という意味とのこと。料理は旨いし、韓国風なのだろうか、飾らず、それでいて温かいのもてなしが心地よい店だ。カルビに豚カルビ、チャプチェにチジミ、石焼ビビンパ、どれも美味しくマッコリが進む。

食事を終え再び職安通りに戻る。夜といってもまださほど遅くないからだろうか、街はかなりの人出で賑わっている。通りを渡り韓国広場に向かう。この店は韓国の食材や調味料、加工食品などが豊富に揃っていて面白い。値段も手ごろで普通のスーパーで売っているような野菜もかなり安い。コチジャンに百歳酒、スナック菓子に韓国海苔、インスタントラーメン、などなど持ちきれないほど買い物をして店を出る。

ボクらは再び西武線で所沢まで戻り、ホームから入いれるスターバックスで一息ついた。香り豊かなコーヒーとコリアンタウンの余韻を楽しみながら、しばし別れを惜しんだのである。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007.03.28

今月はちょっと外食がち

3月28日。息子の高校受験もようやく終わり、中学校も無事に卒業、あとは入学式を待つばかりとなった。そんなわけで気が緩んだせいか、今月、我が家はちょっと外食が多い。

振返ってみると、先ずは3月3日、韓国家庭料理の「ハントシ」で昼食。行きつけの床屋に向かう途中、この店ができたのを見つけたのは半年ほど前のことだったろうか。ずっと気になっていたのだが、なかなか立ち寄る機会がなかった。この日は雛祭りだったこともあって、たまには外で昼飯を食おうと、家族で出かけたのだ。味もよいし、値段もリーゾナブル。店の雰囲気も韓国っぽくて面白いし、韓国人の店員さんもきさくで感じがよい。妻にとっては韓国語会話の練習にもなったようだ。

翌4日は義母と妻と3人で狭山のお不動さんと山口観音に詣でた。息子の高校合格のお礼参りである。参詣後、小腹を満たしに観音さまの門前の茶店に立ち寄った。先ずは精進落としのビール、コンニャクの味噌おでんをつまみに喉を潤し、義母と妻は焼きダンゴを食した。武蔵野名物、醤油のつけ焼きである。ボクはダシの香りに誘われて手打ちウドンを頂いた。所沢の自宅からは電車で僅か20分ほどのところだが、ちょっとした旅行気分、身近な春を楽しんだ。

10日は少し早めのホワイトデイ・ディナー。妻の希望ですしを食うことに。どこに行くか迷ったが、と言いたいところだが我が家の予算で男子・15歳が満腹するまで食べられる店は、そんなに多くあるわけではなく、迷わず所沢駅の「三崎丸」に行った。1カン120円は回転寿司から比べれば高いかもしれないが、握りたての旨い寿司を落ち着いて食べられることを考えれば十分に安い。寿司には欠かせない日本酒もそれなりに取り揃えてあって不満なし。

17日は妻と川越へ。呑龍上人の蓮馨寺、成田山別院のお不動さん、そして喜多院のお大師さまに礼参り。川越に行くと必ず立ち寄るのが仲町の「まめ屋」。文字通り豆の専門店である。煮豆、炒り豆、乾物、生豆、あれこれ種類も豊富だし、自由に味見ができる。値段も手ごろなのでついつい買いすぎてしまう。この日も蓮馨寺に参詣したあと「まめ屋」で買い物をしてから、成田山と喜多院へ向かった。参拝を終え、駅に向かう帰り路、新富町の甘味処「あかりや」に立ち寄った。自店で搗いているためだろうか、ここは餅が旨い。妻は抹茶味のクリームみつまめを、ボクは粟餅のぜんざいを頂いた。

最後は(まだ数日あるので最後じゃないかもしれないけど)、先週土曜日、西東京市ひばりが丘の「ひじり亭」での会食。妻の実家の義父母、義兄一家と我が家族、総勢9人で訪ねたが、店の奥にちょうどお誂え向けの広さの個室があったおかげで、ゆっくり気ままに食事ができた。料理は和食を基本にちょっとひとひねりした創作料理、といった感じだ。どれも美味しかったがボクはつくねと大根の煮物が気に入った。いつもは元旦に妻の実家で勢揃いの新年会をやるのだが、今年は子供たちが受験や就職を控えていたこともあり延期となっていた。こうして楽しく春を向かえ、集って食事ができたのも、子供らを含め皆がそれぞれに頑張ってきたからなのだと思う。感無量である。

そろそろ花見の季節。油断していると更に外食が続きそうだ。財布と体重計から眼を離さないようにしないと……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.15

四川風蒸ジャガイモをつくる

12月9日。雨。今日は一日中、降り込まれることになるだろうと覚悟を決め、以前から作ってみたいと思っていた料理に挑戦することにした。もう三~四年前になろうか、とある四川家庭料理の店で食べた蒸ジャガイモだ。花椒と唐辛子を利かせた鋭い辛さと鶏スープの濃厚な旨み、たった一度しか食べたことがないが忘れられない。いつか、あの味を再現してみたいとずっと思っていたのだ。

雨ニモ負ケズ、近所のスーパーに鶏肉と花椒を買いに行く。ついでにあれこれ日用雑貨を買ったら、すっかり大荷物になってしまった。家についた頃には寒さと疲労と空腹で少々気力が萎えてしまったが、家族三人で暖かい昼食を食べているうちにすっかり回復。さっそく下ごしらえを始めることにした。

まずはジャガイモの皮をむき、火が通り易いよう半分に切る。長ネギは3~4センチくらいの棒状に、ついでに白菜とニンジンも大きめに切って蒸してみることにする。ニンニクは6片、皮をむいてそのまま。唐辛子はタカノツメを6本、これも刻まずそのままで。さすがにショウガばかりはそのままというわけにもいかないので、厚めの薄切りにした。鍋は電気グリルなべを使用。新婚時代から使っている年季入りだ。冬はもちろん鍋モノに、それ以外の季節も焼肉、お好み焼き、鉄板焼き等々、年中、大活躍である。ここに下ごしらえした野菜をならべ塩と花椒をふりかける。火の通りやすい白菜は後から入れることにしザルにとっておく。あとは水少々と粉末鶏ガラスープ。

さて、ひと休み。風呂を浴び、新聞のテレビ欄を見ると、太平洋戦争時の硫黄島での激戦を題材にしたドラマ『戦場の郵便配達』が放映されるとのこと。これを食後の楽しみに料理の仕上げに取りかかる。鶏肉はブロックの胸肉にした。これを二つ割に切って塩と花椒をすり込み野菜の上に載せる。厚手のガラスのふたをしてスイッチを入れ、後はジャガイモに火が通るのを待つばかりだ。

妻と息子が風呂から上り食卓に全員揃ったころには肉も野菜もすっかり火が通っている。ふたを取ると湯気と共に野菜と鶏ダシ、そして花椒の香りが巻き上がる。白菜を載せて最後のひと蒸し。大きなままの肉と野菜をめいめいの皿に盛って「いただきます」。ナイフや箸で切り崩しながら食した味は、店で食べたものにはとうてい及ばなかったが、それでも十分に旨い。ビールにもご飯にもよく合い、妻も息子も喜んでくれた。

この料理が我が家の定番となるかどうかは気まぐれなボク次第ではあるが、すっかり鍋がカラになった時、今度、作るときはもっと唐辛子と花椒を利かせなきゃ、って思ったところを見ると脈ありかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.11.22

タデギは便利!

11月19日。夕食に鱈と豆腐のチゲ鍋を作る。チゲと言ったところで材料は鱈ちりと何ら変わらないのだが、ここに韓国万能タレ、手作りのタデギを加えて辛くする。これが美味い。ビールにも焼酎にも、白飯にもウドンにも良く合う。

タデギの作り方は雑誌「クロワッサン10/25号」で読んだものだ。キュウリにあえて即席オイキムチにしたり、ジャガイモと豚肉を煮込んでカンジャタンにしたり、簡単に作れる上、利用範囲も広く、たいへん重宝である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.09

雑録

11月3日。曇り。文化の日がサンドイッチの日でもあることを知る。もっとも所沢界隈の住人にとっては圧倒的に入間航空祭の日である。頭上を横切る機影と爆音に幾度となく思い知らされる。いつものように八国山から多摩湖方面をランニング。来月初の市民マラソンに備え、普段の倍の20キロを走る。

11月4日。晴れ。久しぶりに会社を休む。といっても特段の用があった訳ではなく何となく一息入れたかったのだ。午前中、床屋へ往き、昼食は妻と四川ラーメンの「龍の子」へ。麻辣湯麺すこぶる美味。

11月5日。晴れ。11月とは思えないほどの暑さ。日中は半そでTシャツ一枚で過ごせた。この陽気を利して日がな窓掃除にいそしむ。

11月6日。雨。市民ホールにて息子の通う中学校の合唱祭が開催される。義父母と妻と共に参観。中学生ともなると聴き応えのあるコーラスができるようになるものだと大いに感心した。帰宅後、ウェブサイトでスーパーGT最終戦の結果を確認。優勝はZENTセルモスープラの立川・高木組。シリーズチャンピォンの座もこの二人が獲得した。本山、三連覇ならず。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.24

養命酒を入れてみた

夏バテには養命酒というのが我が家の習い。これは効く、という確信があるわけではないのだけれど、なんとなく習慣で夏は養命酒である。で、昨夜、ふと思い立って紅茶に入れてみた。これがなかなか悪くない。好みはあると思うが、クーラー病や風邪気味のときなど体が温まりそうな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.03

自然式食堂・餉餉を推す

昨日は久しぶりに妻と二人で航空記念公園へ出かけた。連休の谷間で勤め先は休みだったし、一方、中学生の息子はカレンダー通り授業があった。それに公園の近くの警察署に用事が……、あ、用事ったって運転免許の更新だけどね。

で、散歩の途中、あんまり腹が減ったので昼食をとることにした。いつもの長崎ちゃんぽん・リンガーハットでもよかったのだけれど、たまには別の店でと、その隣にできた自然式食堂・餉餉に入ってみた。要は和食主体のビュッフェなのだけれど、素材は有機栽培の野菜を中心に、料理は「おふくろの味」、素朴にして飽きのこないもの、ま、そういった感じの店だ。

客層が中高年女性に偏っていたのが少しだけ気になったが、家で食べる食事のように普通においしいところが気に入った。しかも家ではとてもお目にかかれないほど多くの種類の料理があって、いずれも食べ放題、好きなものを好きなだけ頂ける。

団塊世代のリタイアメントが進む今日この頃、こうしたスタイルはいけるのではないかと思ったら、すでに銀座や羽田空港にも開店しているという。なるほど、お値段も、その辺りに合わせてあるということか。まぁ、値段といい味といい雰囲気といい、子供連れには余り向かないかも知れないが、穏やかな食事を落ち着いてというときには良いのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.17

カレーというのはスゴイもんだ

今日は夕飯にドライカレーを作った.
にんにく,たまねぎ,にんじんをみじん切り.
ひき肉と炒めて,塩とカレー粉で味付け,キーマカレーに.
ご飯は昨日の残りをバターで炒め,これも塩とカレー粉.

で,思ったのだが,カレーというのはスゴイもんだ.
豚挽き肉が200グラム.
にんにく一片,たまねぎ一個,にんじん一本.
それに油と塩とカレー粉少々にご飯二合.
これで家族三人がニコニコと飯が食える.

あ,俺はビールと泡盛も戴いたけどね…….

| | コメント (0) | トラックバック (0)