2006.04.17

光あまねし

4月9日。今年初めて20キロのロングランを試みる。前半、快調にとばし過ぎたせいか、終盤になって低血糖気味になり、最後の1キロ弱は歩くはめに。午後、岡山国際サーキットで開催されたスーパーGT第2戦をTV観戦。夕刻、久しぶりに妻と散歩。柳瀬川のほとりに立つ草野心平の「光あまねし」の石碑を見る。草野さんがこの近くに住んでいたのだと思うと、何故か、ほのぼのとした暖かい気持ちになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

風騒ぐ日に

3月17日。詩のメルマガ「C-Direct-2U(いつも心に詩のひとしずく)」に新作「団欒」が掲載された。3月13日号である。この日は強風著しく玄関前の蘇鉄が倒れ鉢が割れてしまった。

3月18日。早めに目が覚めてしまい家人を起こさぬよう台所で写真集『ぺるそな』を見る。30年以上に亘り浅草にやってくる人々を撮り続けた鬼海弘雄氏の土門拳賞・日本写真協会賞年度賞受賞作『PERSONA』の普及版である。写真を見ているうちに異形という言葉が浮かんできた。写真集に収められた普通の人々の姿は何故か異形の民のように見える。思えば誰だって他人から見れば幾分かは異形なのだろう。浅草はそうした異形ぶりを受け入れあって生きてゆく人々の街なのだろうか。

午後、蘇鉄の鉢を買い、早速、植え替える。夜になっても風はやまない。

3月19日。スーパーGT第1戦、鈴鹿GT300kmをテレビ観戦。トヨタがスープラに替えて投入したレクサスSCの仕上がりの良さに驚く。ボクが応援するニッサン勢もXANAVIが2位入賞とまずまずのスタートを切った。レース終盤、久々に速さを見せつけたTOM's・脇坂を追い込んだNISMO・松田の走りがなんとも頼もしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.09

雑録

11月3日。曇り。文化の日がサンドイッチの日でもあることを知る。もっとも所沢界隈の住人にとっては圧倒的に入間航空祭の日である。頭上を横切る機影と爆音に幾度となく思い知らされる。いつものように八国山から多摩湖方面をランニング。来月初の市民マラソンに備え、普段の倍の20キロを走る。

11月4日。晴れ。久しぶりに会社を休む。といっても特段の用があった訳ではなく何となく一息入れたかったのだ。午前中、床屋へ往き、昼食は妻と四川ラーメンの「龍の子」へ。麻辣湯麺すこぶる美味。

11月5日。晴れ。11月とは思えないほどの暑さ。日中は半そでTシャツ一枚で過ごせた。この陽気を利して日がな窓掃除にいそしむ。

11月6日。雨。市民ホールにて息子の通う中学校の合唱祭が開催される。義父母と妻と共に参観。中学生ともなると聴き応えのあるコーラスができるようになるものだと大いに感心した。帰宅後、ウェブサイトでスーパーGT最終戦の結果を確認。優勝はZENTセルモスープラの立川・高木組。シリーズチャンピォンの座もこの二人が獲得した。本山、三連覇ならず。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.27

たまには日記らしく……

九月二十三日。ひばりが丘へ買い物に行く。帰宅後はランニング、いつものように八国山を抜けて狭山湖の先までの五キロを往復。六一分四〇秒。自己ベストを一分下回る。

九月二十四日。雨。半日、パソコンに向かい、資産運用の策をめぐらす。不慣れな数字とのにらっめくらに頭痛を覚える。妻にも子にもすまないことだが、ケ・セラ・セラ、を決め込む。

九月二十五日。雲雀亭(義兄、ひばりが丘在住)に誘われ息子ともども富士スピードウェイへ。二年ぶりの富士、二年ぶりのレース。強烈なエギゾーストノートとスピード、激しいバトルの緊迫感に酔いしれる。

九月二十六日。いまだレースの余韻は覚めない。目を開けていても千五百メートルの直線を一気に駆け抜けるGTカーの姿が見える。厚ぼったく感じられる鼓膜にはクリーンなNA車のエンジン音が、野太いターボ車の、甲高いRE車のエンジン音が張り付いている。仕事なんぞ手につくはずがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.05

2004年を振りかえる―ボクの五大ニュース

3回にわたってボクの2004年を振りかえってきた。今日はその締めくくり。今年の五大ニュースを発生順に追ってみる。

新春、勤め先の合併が決まる

新年早々驚いた。勤務先が同業他社と合併することになったのだ。経営企画部時代にシミュレーションをやったことがあるので、そういう意味ではいつ起こってもおかしくなかったのだろうが、まさか、ほんとにやるとは思っていなかった。さらに驚いたことに、合併相手には某有名詩人が勤めている、のが判った。お会いする機会ができたらサインをもらっちゃうもんねぇ。

春、息子が中学生になる

息子が無事に小学校を卒業し中学生に。予想はしていたけど、すっかりナマイキになっちまった。部活(バスケ)と音楽(パソコンでDJの真似ごと)が忙しくて休みもちっともつきあってくれない。背もボクより10センチも高いもんだから叱りつけても迫力のないこと。ま、頼もしくなったとも言えなくもないが……。

夏、ブログを始める

kigaruのサービス停止を機に『矮猫亭日乗』をココログに移転した。ブログを始めてみて感じたのは、トラックバックやコメントの機能には、インターネット上でのコミュニケーションを一層発展させる大きな潜在力があるということ。その力で何かできないかな、と試してみた企画が「9.11,そのとき私たちは」シリーズである。昨年の9月11日から12日にかけて実施したものだが、11月にはsouさん(「9.11のこと」)、12月には聆曜亭さん(「私の2001年9月11日」)がトラックバックして下さった。この経験から確かな手応えを感じたボクは『ブログでつくる詩人名鑑』を開設した。詩に興味がおありのかたは是非こちらにもご参加頂きたい。

夏から秋、スポーツに感動する

日本勢の活躍目覚しかったオリンピックはもちろんのこと、ル・マン24時間では荒聖治の活躍もあってチーム郷が優勝、ひいきの西武ライオンズはプレーオフから這い上がって日本一に、JGTCはこれまたごひいきザナヴィの本山がV2。で、矢も楯もたまらなくなったボクは秋から走り始めた。今年は12月の所沢市民マラソンでハーフを走るつもり。小学校時代、体育がいつも2だったボクとしては大変な野望なのだ。

秋から冬、ダイエットに挑む

走り始めたのは実はダイエットのためでもある。勤め先の健保組合が実施している壮年者健診で脂肪肝を指摘されたボクは一念発起。食事を減らし、平日はウォーキング、週末はランニング、さらに節酒まで。で、ざっと4~5キロの減量に成功したのだが……、この年末年始で2キロも戻ってしまった。さぁ、今日から、また気を引き締めなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.09.05

たまらない週末の結末

待ちに待った十勝ラリー.
しかし終わってしまえばあっけないものです.
地元スバルのソルベルグが見事優勝.
とはいえシリーズ首位のローブがしっかり2位をキープ.
ソルベルグとのポイント差は2点しか縮まらなかった.

一方JGTCの方は大どんでん返し,
「もてぎ」をホームサーキットとするホンダ勢が意地を見せ
EPSON NSX,松田/ロッテラー組が優勝.
脇坂/飯田組と本山/ライアン組は予選の通り2位,3位に.
おかげでチャンプ奪回を狙う脇坂がシリーズ首位に踊り出し
連覇を狙う本山が1点差で2位につける面白い展開に.

それにしてもWRCといい,JGTCといい
地上波では余り見られないのはいかがなものでしょーかねぇ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.04

ハコ車好きにはたまらない週末

私の場合,F1に代表されるフォーミュラはなんとなく性が合わない.
市販車ベースの「ハコ車」の方が好みだ.
で,フォーミュラの世界最高峰がF1なら「ハコ車」の最高峰はWRC
なにしろ,この2つのカテゴリーしか世界選手権がないのだから.
そのWRCとしては国内初開催の十勝ラリーが昨日から始まった.
現時点では地元スバルチームが意地を見せソルベルグがトップ.
シリーズ首位を独走するローブ(シトロエン)が約1分遅れの2位.
だがローブは既に十勝ギブアップの声を漏らしているらしい.

WRCは海外,特に欧州ではF1に劣らず人気があるが
日本はというとラリー熱は今ひとつの感がある.
日本の「ハコ車」好きの関心はむしろJGTCに向かっているのでは?
この週末は栃木のツインリンクもてぎで第5戦.
今日の予選の結果は(GT500クラス):
  1位 イエローハットスープラ(服部/脇阪)
  2位 ザナヴィニスモZ(本山/ライアン)
  3位 エッソウルトラフロースープラ(脇阪/飯田)
日産,トヨタの両エースが2位,3位と好位置につけており
明日の決勝での激しいバトルへの期待がかきたてられる.
ポールの服部/脇阪組,4位の立川/荒組(auセルモスープラ)も
シリーズチャンピオンの可能性が残っており優勝を狙ってくるだろう.

2つのビッグイベントが重なりハコ車好きにはたまらない週末である.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.20

ようやく脇坂が来た

昨日のこと。

チャリドリ(チャリでドリフト)だ、改造だ、と
自転車に興味を持ち始めた息子を連れて
池袋のサイクルショップ「チャーリー」へ。
息子は見たこともないパーツの数々に大喜び。
俺としても久しぶりにゆっくり自転車が見られて楽しかった。

夕方、池袋から戻ると、息子は、早速、自転車いじり。
俺は録画しておいた昨日のJGTC十勝GPを見た。
結果はモチュールZ(影山・クルム)の快勝。
2位エッソスープラ(脇坂・飯田)、3位G・ゾックスZ(金石・コマス)。
ニッサン派としては、金石が最終周で抜かれたのはシャクだが
しかし脇坂のあの走りが見られたのだから……。
これまでイマイチぱっとしなかったエッソが2位に入賞し
一方,連覇を狙うザナヴィZ(本山・ライアン)がリタイアで
シリーズチャンピオンの行方はますます判らなくなった。

夕食は冷し中華。もちろんビールつき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)